トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




上京物語 ----1998年10月 20日

またまた 台風の接近中 移動しておりました(笑)
今度は鳥羽の旅館「あらしま」若旦那と珍道中です。
16日午前中に打ち合わせ。夕方6時に再会約束 色々準備に入るがOIL交換や車の整備に意外と時間を取られる。Pだんな!は一応A級ライセンスを取得してましたから、車の点検だけにはうるさいんですわ
雨が激しいので 自宅での整備は断念! 知り合いの整備工場に持ち込み念入りにチェックをする。あれこれ用意をしてるうちに夕方。軽く体を休めて予定より遅れて20:00に鳥羽に籾山氏を迎えに行く。

「台風は大丈夫かなぁ〜」
「ちょっと やばいな」
おいおい ちょっとじゃなくて マジでやばいやないか? 激しい雨で前が見えなくなる事度々。強い風でガードレールとお見合いしそうになる事度々(^^;ゞ)
「こりゃ どこかでトラックがこけてるぞ」案の定 浜松辺りで通行止めの案内が入り出した だいぶ先で事故みたいだ
「今から行けば 通行止めも解除だろう」眠い目をこすり 70年代のフォークソングを二人で「がなり」ながら順調に進んでいくが、2時間後思いとは裏腹に事故処理は片付いておらず 御殿場インターで強制的に出される!
「おいおい!こんな所で出ろと言われても道が解らんがな」おとなしく一般道に出るが そこは大渋滞。裏道に走り込む車が目に付くがついていく勇気はない かといって地図も持たないおいら達はどうしたら良いの?
「おい!Uターンじゃ」後戻りをして 今出た料金所へ再度入り込む。 案の定、定期トラックが数台通行止めの標識の前で停車していました。「よしゃ こいつの後について通行止め解除まで休んでいよう」「そうですなぁ ものの1時間もしないうちに走れるようになりますわ」
「頭いいなぁ〜おいら達」 なんとなんと それから実際に動くようになるまでに2時間半もかかりました

続く

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ