アーカイブ 11月 1st, 2013

志摩の国 国造主の墓?

金曜日, 11月 1st, 2013

志摩市教育委員会は29日、同市阿児町志島の市指定史跡「志島古墳群4号墳(塚穴古墳)」について、「6世紀末から7世紀初頭に志摩の国を治めていた志摩国造(くにのみやっこ)の墓の可能性が高い」とする調査結果を公表した。また、石室内を同日、報道関係者に初めて公開した。

 海岸近くの崖の上にある塚穴古墳は、海蝕(かいしょく)で土を盛った墳丘が失われたため、石室が崩落する恐れがあり、市教委が2012年度から3か年計画で発掘調査を進めている。
sima56314-1-L

 石室内からはこれまでに、多くの須恵器や土師器(はじき)、鉄鏃(てつぞく)(矢尻)、鉄くぎなどのほか、金銅製の耳環や石で作った勾玉(まがたま)、ガラス製の丸玉などの装身具も多数発見されている。

 市教委は、ひつぎを納める玄室(長さ約7メートル70、幅約2メートル20)が、県内では東海地区最大級の高倉山古墳(伊勢市)に次ぐ大きさであることや、発見された豪華な副葬品から、被葬者が志摩半島南部にあった志摩国の有力者で、志摩国造の可能性があるとしている。

 市教委は、副葬品などは今後、土などを落とす保存処理をしてから一般公開する。11月10日午前10時から現地説明会を開く。申し込み不要。車は古墳近くの志島小学校グラウンドに駐車できる。問い合わせは市教委(0599・44・0339)

(2013年10月30日 読売新聞)

真珠は出ない?