アーカイブ 7月 29th, 2013

オーストラリア北部沖に沈んだ真珠採取船「サンヨウマル」

月曜日, 7月 29th, 2013

Sanyo Maru wreck in Australia’s custody as an enduring reminder of Japan’s presence in our pearlshell industry

THE only known wreck of a Japanese pearling mothership in Australian waters will be safeguarded by a 200ha protection zone, says Federal Heritage Minister Mark Butler.

The Sanyo Maru sits on its keel in 27m of water 60km off the Arnhem Land coast.

On July 1, 1937, the Sanyo Maru was heavily overloaded with cargo and a crew of 20 when hit by a storm, and sank. Two crew members died.

Mr Butler said the Sanyo Maru was significant, not only because it was the sole wreck of a Japanese pearling mothership, but because of the site’s remarkable condition and the significance of its archaeological relics.

“The unique collection of relics at the site can provide us with unparalleled insight into the operation and technology of the pearl shell trade during the 1930s and the day-to-day lives of the crews,” Mr Butler said.

Japanese Ambassador, His Excellency Yoshitaka Akimoto, said the move was welcome and would help remind people of the long ties between the two countries.

The Sanyo Maru was a steel ship used to support a fleet of pearling luggers.

At the height of the pearl shell industry 190 pearling luggers were operating in the Arafura Sea, with each lugger averaging a crew of 14.

The pearling motherships provided food, diesel fuel, timber for cooking and freshwater to the luggers. Australian and foreign crews from all pearling vessels were not permitted to make landfall.

Protection zones prohibit all entry without a permit.

Brian Williams
The Courier-Mail
July 29, 2013 12:00AM

三洋丸の草履
【AFP=時事】オーストラリア政府は28日、70年以上前にオーストラリア北部沖で沈没した日本船を、歴史遺産として海底で保存することを決定したと発表した。

豪シドニー湾に沈む旧日本軍の特殊潜水艇、何者かに荒らされる

 この日本船「サンヨウマル(Sanyo Maru)」は、昭和初期に真珠漁の母船として活躍。真珠採取船に食料や飲料水、燃料などを供給していたが、1937年に季節外れの暴風雨に巻き込まれて沈没した。当時、同船は採取した大量の真珠と乗組員20人を乗せていたが、助かったのは真珠を取る潜水夫1人とパーサーの2人だけだった。

 現在、サンヨウマルは豪北部セントラル・アーネムランド(Central Arnhem Land)沖60キロの水深27メートルの海底に沈んでおり、船体は安定した状態という。

 マーク・バトラー(Mark Butler)環境・国家遺産・水担当相はサンヨウマルについて、「オーストラリアの歴史の重要な一部として、この貴重な難破船を確実に保存しなければならない」と述べ、船の周囲200ヘクタールを保護海域に指定すると発表。「オーストラリアの真珠貿易をめぐっては、歴史的にも現代においても情報が欠けており、サンヨウマルを保存する必要性は非常に高い。船内に残る遺物は、オーストラリアと日本が共有する海洋史の重要な遺産だ」と説明した。

 バトラー国家遺産相はまた、サンヨウマルの状態は非常に良いとして、「船内の遺物の数々は他に類を見ず、1930年代の真珠貿易の実態や技術、さらには同船で航海を続けながら真珠を採取していた乗組員たちの日常について、これまでにない深い見識を提供してくれるだろう」と保存の意義を語った。【翻訳編集】 AFPBB News

船内の様子