アーカイブ 10月 24th, 2011

”Pearls in Baroque” 「バロックの真珠たち」

月曜日, 10月 24th, 2011

美しい音と、豊かな音楽性で定評のある天野乃里子が、アムステルダムのGeelvinck美術館にて、11月6日(日)、午後4時45分より、CD リリース記念、チェンバロのソロのコンサートを行います。


日時:2011年11月6日(日)16:45から
場所:Museum Geelvinck, Keizersgracht633, Amsterdam

チェンバロとは鍵盤を用いて弦を爪弾く撥弦楽器(はつげんがっき)であり、その音色には天にも届くような複雑多様な倍音が含まれ、近年人気を帯びてきたグランドピアノを小さくしたような楽器。
天野乃里子は、桐朋学園ピアノ科を卒業後、慶応義塾大学文学部美学科へ編入学。
同大学卒業後、90年チェンバロ勉強のため渡欧。ハーグ王立音楽院を経て、アムステルダム スウエリンク音楽院を演奏家ディプロマを得て卒業。その後ケルン音楽大学にても、研鑽を積む。
現在、オランダを中心にヨーロッパ各地あるいは日本にて、ソロ、およびアンサンブルのコンサート、レコーディングなどで活躍中です。

今回は、バッハのインベンションから1番、4番など数曲を予定。バッハの時代、まだ、ピアノはなく、もともとチェンバロのために書かれている曲を、本来どういう響きがするものであったか聴くことができる。その他、バッハの傑作、荘厳なるパルティータ6番など。
また、今年、大災害があった東北地方の被災された方々を追悼して鎮魂曲を異なる作曲家より3曲を予定している。