アーカイブ the ‘会社’ Category

新春 ミキモト真珠発明120年

火曜日, 12月 31st, 2013

鳥羽市のミキモト真珠島で、今年のミキモト真珠発明120周年を記念して製作されたミキモトパールクラウン「DREAMS&PEARLS」が、1月18日まで特別展示されている。

「12輪の夢の花」をイメージしたデザインで、アコヤ真珠や天然メロ真珠、黒蝶真珠など5種類102個の真珠、計約108カラットのダイヤモンド、サファイアなどが使われている。構想から完成まで約2年かかった。販売はしていないが、価格は5億円相当という。

展示会場のパールプラザ内では、製作工程の動画も公開されている。

真珠島の「珠の宮」前では1月1~3日の午前10時から、先着300人の来場者に真珠カルシウム入りの「真珠ぜんざい」が振る舞われる。
問い合わせはミキモト真珠島(0599・25・2028)。

「DREAMS&PEARLS」

「DREAMS&PEARLS」





ハローキティ

日曜日, 11月 17th, 2013

ハローキティ:2900万円のパールジュエリーに
sanrio003
 サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」が、ミキモトとコラボレーションし、2908万5000円のジュエリーとなって2014年1月から販売されることがこのほど、明らかになった。ジュエリーは、真珠の12連ネックレスとイヤリングのセットで、アコヤ真珠約2200個のほか、15.91カラットのルビー、23.94カラットのダイヤモンド、オニキスなどを使用した。真珠、ルビー、オニキスなどでキティちゃんの顔がかたどられている。イヤリングもキティちゃんをイメージして作られた。
sabrio001
 ネックレスとイヤリングは、「ハローキティ」とミキモトのコラボコレクション「MIKIMOTO×HELLO KITTY」の一環で作られた。ほかにキティちゃんのシルエットをかたどったバングル(5万7750円)など約20アイテムを販売する。
sanrio002
 いずれのジュエリーも、14年1月24日に仏パリのセレクトショップ「colette(コレット)」で披露されたあと、1月30日からミキモトの銀座本店(東京都中央区)、国内の直営店と一部百貨店内のミキモト店舗、欧米、アジアなどの店舗で販売される予定。(毎日新聞デジタル)





蒔絵と真珠

木曜日, 10月 17th, 2013

美しくて繊細。上品で優雅。そして、伝統的なのに新しい。
makie

淡水パールに「麻の葉」や「菊」などの蒔絵(まきえ)を金粉で施した「MAKIEパール ピアス」。

蒔絵とは、漆器の表面に漆で絵や文様、文字などを描き、それが乾かないうちに金や銀などの金属粉を「蒔く」ことで器面に定着させる技法。

そんな技法を使い、真珠に「麻の葉」「菊」「業平菱」「鱗文様」「花格子」などの文様を京漆器の蒔絵師さんがひとつひとつ丁寧に描きつけている。
makieasanoha01

makiekiku02

makienarihira03


元記事 : 林 美由紀さん
http://www.roomie.jp/2013/10/111507/

真珠で静電気を抑制 西川のあったか寝具

木曜日, 10月 3rd, 2013

 西川産業は、吸湿発熱素材を使った寝具の新シリーズ「ウォームハグ」から、繊維に天然真珠を練り込んだ独自素材を使った布団や膝掛けを発売した。
保温能力を高めたほか、天然真珠が水分を多く含むことに着目し、静電気を起こりにくくすることも狙った。

 真珠入りの独自素材「サーモギア PL」は、体から出た湿気で発熱する。一般のポリエステル素材と比べ最大で3度、温度を高く保つという。
タータンチェック柄で、布団カバーやシーツなど10品を用意した。

 「あったかポータブルケット」は携帯用ポーチに収納できるので、家庭だけでなく車やオフィスで使える。
価格は8400円。ほかに、掛けふとんが1万500円など。
〔日経QUICKニュース(NQN)〕


東京西川のプレスリリース
attaka_shingu2013_release





真珠養殖の体験学習会

火曜日, 7月 23rd, 2013

 東京大学とミキモト 真珠貝など磯にすむ生物への理解を深めてもらおうと、三浦市三崎町小網代の東京大学三崎臨海実験所で20日、小学生対象の真珠養殖の体験学習会が開かれた。同実験所と宝飾大手のミキモトが共催するイベント。県内外から4~6年生の20人が参加した。

 子どもたちが体験したのは、養殖に使われるアコヤガイの生体の内部に、貝殻を削った小さな球体(核)と、貝殻をつくる器官(外套(がいとう)膜)の小片を一緒に入れる「核入れ」と呼ばれる作業。貝の生体の内部に入った核を、分泌物が時間をかけて丸く覆っていき、光沢を持った真珠となる。

 都内から訪れた5年生の児童(10)は「真珠が人の手で養殖されてできることを初めて知ったので面白かった」と話していた。核の入ったアコヤガイは実験所前の磯で育てられ、順当に進めば年明けにも真珠が出来上がる。

 実験所は1886年の設立で、初代所長の箕作(みつくり)佳吉博士がミキモト創業者の御木本幸吉と養殖真珠の共同研究に携わった。三浦半島西部の磯には現在も天然のアコヤガイが生息している。

ミキモト、世界5都市で「真珠に関する意識調査」実施。

水曜日, 7月 17th, 2013

真珠発明120周年を迎えた「ミキモト」は、今年2月世界5都市で「真珠に関する意識調査」を実施した。
調査対象となったのは、東京、ロンドン、パリ、ニューヨーク、上海在住で、真珠のジュエリーを一つ以上所有する、20から50代の女性。各都市200名、合計1,000名が回答した。

真珠のジュエリーを着用する機会は、5都市平均で「結婚式」がトップ(55.1%)で、「ディナー」(39.6%)、「デート」(22.5%)が続く。東京のみ「結婚式」(67.0%)に次ぎ「葬式」が第2位(62.0%)となり、「ディナー」(13.0%)と「デート」(8.0%)は低い数値に。真珠のジュエリーの着用頻度は、東京を除く4都市平均では「月に1回以上」が67.1%を占めたが、東京は「年に1から3回程度」と「全く、またはほとんど着用しない」の合計が6割以上に(62%)。東京では、真珠が冠婚葬祭に着用するジュエリーと捉えられており、そのため着用機会も少ないことが判明した。しかし、東京の女性達も「ディナー」(39.0%)や「記念日」(30.5%)、「観劇・演奏会」(23.8%)などの大切な場面で着用したいとは考えている。


真珠ジュエリーの着用機会真珠ジュエリーの着用機会

所持している真珠ジュエリーの着用頻度所持している真珠ジュエリーの着用頻度

真珠ジュエリーの着用頻度。東京と4都市の比較真珠ジュエリーの着用頻度。東京と4都市の比較

今後着用したいシーン今後着用したいシーン

所持している真珠ジュエリーアイテム所持している真珠ジュエリーアイテム

欲しい真珠ジュエリーアイテム欲しい真珠ジュエリーアイテム

真珠ジュエリーを購入したい場所真珠ジュエリーを購入したい場所

着用の参考にしているもの着用の参考にしているもの

入手方法入手方法

ファーストパールの入手方法ファーストパールの入手方法

ファーストパールを手に入れた年齢ファーストパールを手に入れた年齢

洋服とジュエリーを重視する割合洋服とジュエリーを重視する割合

真珠のイメージ真珠のイメージ

真珠の好感度真珠の好感度

真珠が好きな理由真珠が好きな理由

好きな宝石好きな宝石




1粒1億円「黒蝶真珠」 13日から展示・販売

金曜日, 7月 12th, 2013

 最高級の「黒蝶真珠」の展示・販売会が13、14日、宝飾店の京都寺内本店(京都市中京区烏丸通四条上ル)で開かれる。

 最高価格のものは、クロチョウガイの真珠養殖が盛んなタヒチの政府主催コンテストでグランプリを受賞した一粒で、直径11・8ミリ。真珠専門店の清美堂真珠(東京都)が所蔵している。参考価格は1億円で、購入希望者がいれば、商談に応じる。ほかにも多数展示する。

 入場無料。午前10時半~午後6時(最終日は午後5時半)。

Bpearl

京都新聞【 2013年07月11日 22時41分 】


米宝石ブランドRichline、淡水真珠老舗HONORAを買収

火曜日, 6月 4th, 2013

2013年6月1日-宝石ブランドRichline Group, Inc.(以下、Richline Group)は、真珠ブランドHONORAを買収した。

HONORAは、家族所有・運営60年以上。米国初の淡水養殖真珠のブランドで知られている。
社長Ralph Rossini氏と最高経営責任者(CEO)Joel Schechter氏は、Richlineブランド部門内の独立ブランドとして会社を経営する。

http://www.honora.com/
Honora



Richline Group Acquires Honora
By Daniel Ford, Web Editor
Posted on May 31, 2013

Richline Group has agreed in principle to acquire the Honora brand.

The transaction is expected to be completed in July. Honora has been a family-owned and operated business for more than 60 years.

“A key goal of this acquisition is the utilization of our financial support and collaboration to fully champion Honora, as a brand, for domestic and international growth,” said Dave Meleski, Richline Group’s president, in a statement. “Honora expands our product assortment, positioning us as a [dominant] player in the pearl jewelry category.”

Honora CEO Joel Schechter and President Ralph Rossini will continue to run the company as a standalone brand within the Richline Brands division of Berkshire Hathaway Co.

“We are tremendously excited about our future as a member of the Richline Group, and look forward to leveraging their tremendous strengths as we continue growing the Honora brand to consumers,” Schechter said in a statement.


Richline Group

宝石鑑定会社発足へ (ベトナム)

木曜日, 4月 4th, 2013

独立系の宝石鑑定会社が6月に設立される。市場に出回る低品質の宝石を駆逐し、業界全体で品質管理することが目的だ。3日付サイゴンタイムズが報じた。

ベトナム金取扱業者協会のディン・ニョー・バン副会長によれば、新しい鑑定会社は協会に加盟する5社とナムアーバンクが共同で立ち上げる。資本金は100億ドン(48万米ドル、約4,500万円)で、ホーチミン市5区に本社を置くほか、ハノイ市にも拠点を置く予定だ。現在は法人設立の認可待ちの状態で、最高経営責任者(CEO)にはベトナム人を据え、外国人の専門家2人を招へいする。

同社設立の目的は、国内の金や宝石の品質管理だ。鑑定書を発行することで、市場に流通している低品質の宝石が消費者に売りつけられることを防止する狙いだ。

ベトナム・インドシナ情報誌NNA.ASIA 2013年4月4日(木曜日)





大月真珠が取り組む運河の再生

水曜日, 2月 27th, 2013

真珠は日本が誇る宝石のひとつ。真珠加工の大月真珠は、兵庫運河(神戸市兵庫区)でアコヤ貝を育てて環境再生を図る活動に取り組んでいるグループに全面協力している。環境保全と子供たちの環境教育を兼ねたもので、毎年、子供たちが参加する真珠アクセサリー作りは人気イベントだ。同社は小売りをしていない「BtoB」(企業向け取引)企業。このため、一般にはあまり社名が知られていなかったが、この活動は知名度アップという副産物を生みつつある。

 2月9日、ポートアイランド(神戸市中央区)にある同社本社ホール。兵庫運河で半年間、子供たちの手で育てられたアコヤ貝から取れた真珠を使って、アクセサリーを作る恒例のイベントが開かれた。

 これまで雨の日も風の日も、アコヤ貝の世話を交代で続けてきた子供たち約120人が集まり、同社社員の手ほどきを受けながら、ネックレスやブローチなど、思い思いのアクセサリー作りに挑戦した。

 「かわいいブローチができてうれしい。卒業式につけていきたい」。家族3人で参加した神戸市東灘区の小学5年、大西佑果さん(11)は目を輝かせた。母の照子さん(39)も「いままで興味がなかった真珠のことなどを勉強できて、参加して本当によかった」と話した。

 アコヤ貝のような二枚貝は摂食の際に大量の水をろ過し、水質を浄化する作用がある。その作用を利用して兵庫運河をきれいにしようと、平成19年に地元のPTAを母体に「兵庫運河真珠貝プロジェクト」が発足した。

 会員は地元の小学生とその保護者で、活動はアコヤ貝への珠入れから育成、浜揚げまで、真珠が生まれるまでの一連の作業。できた真珠でアクセサリーを作るイベントは、その最後を飾るものだ。

 大月真珠は環境保全と、体験を通した子供たちの環境学習というこの活動に賛同し、技術面で全面的に協力している。

 “パールシティー”を標榜(ひょうぼう)するだけに、神戸には真珠関連企業が多い。これは戦前から三重や愛媛、長崎などで生産された真珠が、国際貿易港だった神戸港に集積され、欧米に輸出されていたためだ。もともと真珠の生産を手がけていた大月真珠も戦前に神戸に移った。

 ただ、同社は小売りを手がけていないため、知名度が低く、いわば“知る人ぞ知る”企業。商品ブランドがないため、大学生の社名の認知率も非常に低い。「これはしかたないですね」と広報担当者。

 そんな同社がこのプロジェクトに関与することになったのは、17年に神戸市が実施した兵庫運河でのアコヤ貝生息実験に技術協力したこと。活動は2年後にこのグループに引き継がれ、現在に至っている。

 グループは地元のPTA関係者らが中心に運営。行政の補助はなく、活動は年会費(1人2千円)で支えるが、会費は事務経費で消え、運営は非常に厳しいのが実情。「大月真珠さんから原材料や技術、会場などを無償で提供していただいて、この事業が成り立ってます」とグループ関係者は感謝する。

 今年度採取できた真珠は304個。大きさは直径1センチにも満たないが、「中には品質が良く、商品として売れるものもある」(大月真珠担当者)と、なかなかのできばえだった。

 女性の間で「活動に参加することで、大月真珠という名前に親しみをもてるようになった」との声が増えている。こうした水面下でのファンの存在は企業にとって小さくない。

 「運河をきれいにしたい」という地元住民の思いに協力しようと始めた社会貢献活動は、ビジネスの面でも着実に“実”につながりつつあるようだ。自らの手で真珠を育てた子供たちも“真珠ファン”として、将来の顧客になるかも…。(内海俊彦)

産経新聞 2月24日(日)10時2分配信