ホーム >真珠の知識・研究・記事・考察 > 双子真珠について

双子真珠について

「双子真珠」は通常「ツイン(Twin)」とよばれ、
「真珠核がある無しに関わらず二つの球状真珠がくっついた、
ふたご形、達磨形、ひょうたん形などのもの」を指します。
ひょうたん型は通常、キーホルダーや根付けなどのアクセサリーに使われます。
あこや真珠の場合は、複数の核を挿入した際に、
隣り合わせの核が引っ付いてしまい、そのまま真珠層を形成してしまい双子になってしまったものです。
偶然とはいえ、本来の真珠の価値からは離脱し、正規の商取引では出てこない商品になります。

Copyright(c) IWAKI PEARLS Inc. All Rights reserved. Produced by ITY co., ltd.