ホーム >真珠の知識・研究・記事・考察 >花珠とは?

花珠(花珠真珠)とは?(専門的な記載)

「花珠」真珠。
真珠が好きな人はもちろん、そうでなくても女性なら一度は耳にしたことがあるはず。
そして、それが最高級の真珠の呼称であることも、多くの方がご存知でしょう。

「花珠の真珠がほしいのですが・・・」
「花珠のネックレスはありますか?」

岩城真珠にも、このようなお問い合わせが数多く寄せられます。

でも、「花珠」とは一体、どんな真珠のことなのでしょう?

「花珠」とは、古くから真珠業界で使われている言葉です。
でも、何が「花珠」なのか、確かな定義があるわけではありません。

巻きは厚く、無きず、かたちはラウンド(完全に近い球体のことを“八方転がし”ともいう)、
ピンクの輝きはきわめて強く、クリーム味もほとんどないもの。

こういう表現も言われていますが、
もともとは私の祖父に時代(昭和30年代)に生まれた言葉だと伝え聞きますが、
めったに採れない貴重な珠を指して崇め奉る高貴な言葉として使っていたと聞いています。
浜揚げのときに「こんなに素晴らしい真珠が摂れた」と業者間で使っていた隠語のようなものなのです。
それが卸業者から販売店に伝わり、お客様の間にも広く知られるようになったのです。

花珠の客観性

もともとは業者間の言葉であった「花珠」ですが、
その言葉が広まるにつれ、一つのグレードと価値観が生まれました。

最高品質に属する真珠製品がこの呼称の下に販売され普及することは決して悪いことではなく、
むしろ真珠業界にとっても、お客様側にとっても、一つのステータスとして歓迎すべきことです。

しかしながら、以前は「花珠」と言う言葉は、販売店の売り文句にもなっていました。
鑑定基準も法律もないのだから「これは花珠です」といえば、それで通ったのです。
でも、それではお客様は不安ですよね。

そこで、岩城真珠がもっとも信頼を置いている真珠科学研究所では、
これまでのグレーディング研究を生かした「花珠鑑定システム」を提唱してらっしゃいます。

その「花珠鑑定システム」は以下のようなものです。

花珠論 (真珠科学研究所)

1. システムの前提としての基本的な考え方

(1) 該当する真珠が養殖アコヤ真珠の散珠および6ミリ以上のネックレスとする。
浜揚げ珠、漂白珠、調色珠のすべてを対象とする。

(2) 宝石としての真珠の特性として(1)美しさ、(2)稀少性、(3)耐久性を念頭に置く。
美しさとしては光輝(てり)と最重視する。
希少性としてはラウンド、無きず、面の平滑さを重視する。
耐久性としてはまきと共に加工のきずの無さを重視する。

(3) 品質評定は一定の訓練を受けた当研究所のスタッフが北窓光線近似照明装置の下で行うものとする。

2. 実例;「花珠連」関する規定
以下の条件を備えた最高品質のものを「花珠連」と称す。

(1) 光輝(てり)
最重視項目である。
構成真珠のすべてがマスターパール以上の光輝(てり)を有していること。
なおマスターパールは図1に示す輝度値に合致すること。

(2) 地色
「ややクリームかみ」まで許容される。
構成真珠のすべてがマスターパール以上の黄色みを持たぬこと。
なおマスターパールは図2に示す地色値に合致すること。

(3) かたち
「セミラウンド」まで許容される。

.

変形度 =(1−最短径/最長径)×100なる式より0〜2%台をラウンド、3〜5%台をセミラウンドとする。

(4) まき
真珠層の厚さが0.4以上あること。

(5) きず、面
○ネックレスの中心部1/3を「花珠ゾーン」、両端各1/3を「花珠限界ゾーン」と呼ぶことにする。

○個々の珠については光源を中心に干渉色が出ている部分を「中心部」、
他の部分を「周縁部」と呼ぶことにする。
構成真珠のすべてに加工きずがないこと。
きずの程度およびその分布については図3に従うものとする。
面の程度およびその分布については図4に従うものとする。

観察上の留意点として、きず、面とも「微」は、「小」の1/3にほぼ該当するが、あくまで美観を優先する。

(6) 連相
ネックレスを一列に並べ、5回位回転しながら全体を目視して違和感を感じないこと。

図1

光輝(てり)・量 dH/W
G系限界 3.1954
G系標準 3.4104
G系標準アップ 3.4782
P系限界 3.3484
P系標準 3.5410
P系標準アップ 3.8056

※明るさ:65 lx

図2

地色(実体色) (1-b/r+g)×100
クリーム限界 52.10
クリーム標準 52.25
ホワイト系標準アップ 52.57

図3 きず

中心部 周縁部
花珠ゾーン きず「微」 三個以内
花珠限界ゾーン きず「小」一個以内 きず「小」二個以内

図4 面

中心部 周縁部
花珠ゾーン 面「微」三個以内 面「小」三個以内
花珠限界ゾーン 面「小」六個以内
Copyright(c) IWAKI PEARLS Inc. All Rights reserved. Produced by ITY co., ltd.