トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法
IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




「真っ直ぐ歩こう!」----1999年 11月 8日

!」 先月末、和歌山市に東海大学の宇佐美彰男教授を御招待し、お話を伺う機会に恵まれました。御存知の方も多いと思いますが、宇佐美先生はマラソンの元日 本記録保持者で、二度のオリンピック出場の経歴を持ち、現在はTVのマラソ ン解説でもおなじみです。
いろいろな話題の中で最も印象深かったのは「直線の上をまっすぐに走れば (歩けば)ロスの無い走り(歩き)ができる」という言葉でした。ロスのない動きは自分の能力を最大限に発揮することにつながり、体を痛めることもない のです。直線上に動くことで体のバランスが取れ、ロスが無くなるのです。また足を真っ直ぐ出す動作は、足のサイズそのままを活用できることを意味します。
私の場合足のサイズは25.5cmですから、真っ直ぐ歩けば歩幅プラス 25.5cm進むことができます。がに股、内股では25.5cmを使い切れません。 私達は真っ直ぐに動いているつもりでも、ほとんどの場合は左右どちらかに体 を傾けているものです。その証拠に、直線上を親指と小指で挟み込むように歩 いてみれば、慣れるまではどちらかに倒れかかりそうになります。 直線的に動くと足が前で交差することになり筋肉疲労がたまってしまうような 気がするのですが、これは長年傾きながら歩いていた癖がもたらす疲れだと理解しました。若い時は筋力で故障を防いでいますが、体を傾け続けていればいずれ故障が発生してしまいます。そうなる前に良いフォームを身につけておくのです。
真っ直ぐ歩いているつもりでも傾いている、なんだか人生そのものですね。

-- 宝石・貴金属 しこう和歌山店(担当:下津世輝)
〒640-8029 和歌山県和歌山市南桶屋町16
TEL/FAX 0734-23-1727 火曜定休
http://www.cypress.ne.jp/shikou/
週刊メールマガジン「あぁ〜宝石屋さん」大好評!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/m-mag.htm
掲示板への書き込み大歓迎!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/cgi-bin/jawanote.cgi


ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ