トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




ダンララボウシ----1999年 9月 16日

むかしむかしその昔、志摩の波切に身の丈10メートルもある一つ目で、一本足の大男が嵐を連れて村を襲いに来たそうな。 大男の名前は「ダンララボウシ」。村の長老達が知恵を絞って考え出したのが「おらの村には、もっと大きく力持ちの村人がいるぞ!」 と見せかけの大きなわらじを作り、「ダンララボウシ」を追い払ったと言う民話があります。

約300年の伝統があると言われる波切の「わらじ祭り」は毎年9月の申(さる)の日に行われます。今年は明日9月17日に開かれます。午後2時半から、波切神社で「わらじ曳き行事」があり、その後若者達が大わらじ(長さ2メートル・幅1,3メートル)を担いで太平洋に面した「須場の浜」に運び、沖へと流します。

明日の天気がちょっと気になりますが・・・・
(雨に濡れたわらじは重く、担ぐ若者達がちょっとかわいそうですわ)

近鉄鵜方駅〜御座方面行きバス波切下車


ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ