トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




「地元商店街活性化への課題」----1999年 9月 6日

今どき元気のいい商店街は少なく、自治体の悩みの種になっているようです。

和歌山市では「商店街等空き店舗対策事業」というのがあって、4年目に入っ たそうです。
商店街の端っこで店を構えている私が知らないくらいですから、 市民にはほとんど知られていないのではないでしょうか。和歌山市内の商店街 組合が空き店舗を活用する際に補助を行う事業で、これまで延べ18店舗が補 助を受けたのですが、いずれも効果は出なかったという残念な結果に終わりま した。補助額が家賃の3分の1以内で月3.5万円、補助期間3年というのが、 家賃の高い中心部の商店街ではそれほどの助けにはなりませんでした。小規模 で家賃の安い店舗が中心となる市場(いちば)でも、採算ベースに乗らず撤退 が相次ぎました。 (以上、8/31付ニュース和歌山より)
金額、期間など、対策事業の内容にも問題があるとはいえ、商店街、市場に出 店をしたくなるような魅力が無いというのが最大の問題点でしょう。
近所の商 店街では店主の高齢化、後継者不足が深刻で、いつ営業しているのかという店 が少なくありません。アーケードのせいで通りは昼間でも薄暗く、夜はホーム レスの寝床となります。最近はこのアーケードを改修して少し明るくなったと 言いますが、通りの雰囲気自体が暗く、明るさは全く感じません。そして最大 の問題は、自分達で商店街を活性化させようという動きが全く出てこず、自分 達はもう引退だから面倒なことは人まかせという意識がはびこっていることで しょう。活性化しようがしまいがどうでもいいや、というあきらめです。 こんな商店街ですが、それでも高失業率や地価下落を反映してか出店希望者が 現れてきています。
新規参入者を皆で育てていくという共存共栄の意識が必要 なのでしょうが、どうしてもボランティア的手法になってしまうのが難しいと ころですね。 --

宝石・貴金属 しこう和歌山店(担当:下津世輝)
〒640-8029 和歌山県和歌山市南桶屋町16
TEL/FAX 0734-23-1727 火曜定休
http://www.cypress.ne.jp/shikou/
週刊メールマガジン「あぁ〜宝石屋さん」大好評!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/m-mag.htm
掲示板への書き込み大歓迎!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/cgi-bin/jawanote.cgi


ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ