トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




AOL----1999年 8月 24日

世界最大のプロバイダーAOL社が、パーソナルTVサービスを 提供するTivoとの提携と資本参加を発表しました。
http://www-db.aol.com/corp/news/press/view?release=724

Tivo社( http://www.tivo.com/ )は、フィリップス社とハード ウェアでの事業提携し、この春アメリカで販売を開始したばかりの ハードディスクレコーダーを企画販売するベンチャー企業だ。ビデ オテープではなく、ジャイアントハードディスクの中にテレビをま るごと録画するサービスを総合的に提供する会社。シリコングラ フィックス社の元副社長であったマイケル・ラムゼイ氏が起したこ とでも話題となっている。

AOL社の米国での定額固定料金制度開始は、米国の市内料金定額性と 共に、同社の評判を「接続できないプロバイダ」として一時窮地に 追い込んだが、その後の機器および回線の投資と増加そして、そし て100時間までの体験無料CD-ROMの集中的な雑誌添付やDM配付などの SPで現在のISPの巨人としてのデファクドを築いた。1990年代初頭、 AOL社なんてパソコン通信会社は老舗のCompuserve社からすると、赤 子の手をひねるような存在であった。しかし、それが現在は Compuserve社はAOL社の軍門にくだっている。

先日の「ぱそまる99」でも経験したことだが、ANAが配布した子供向けピカちゅうのCDの中にもAOLがインストールしてある。他のサンプルCDも100時間無料と謳いながらAOLが入ってる。ブラウザを開かないとサンプル画面が見えないからNetscapeがインストールしてあるのは仕方が無いが何で?と思っていたらこんなところに原因があったのです。

AOL社のCTO(最高技術責任者)は、Netscape社のマーク・アンドリューセンです。買収と提携でアメリカでも希に見る急成長ぶりです。
潤沢な資金に物を言わせての買収。マイクロソフトとソフトバンク社以外はほとんど手をつけたのではないでしょうか。そろそろその誘いの触手が日本に忍び寄って来る時期に達したと思うのは私だけだろうか。

元記事は KandaNewsNetworkの神田さんから頂きました。

 

 

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ