トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




「戦争教育論」----1999年 8月 16日

8月15日が来るたびに戦争教育の見直し、靖国神社問題など同じ議論が繰り 返されますが、全く解決に至りません。「若者に戦争の怖さを教えよ」と言わ れても、体験していないのですからどうにもなりません。私達にとっては阪神 大震災など自然災害の方がよほど恐ろしい記憶として残っているのですから。 義務教育での歴史教育は、古代から順に現代までを教えるのが常ですが、これ では実体験との絡みがなく、ただ憶えるだけの詰め込み教育になってしまいま す。例えば縄文式土器はどういうふうな過程を経て今の道具に発展を遂げたか? と聞かれても、縄文式土器を自分で作った経験でもないことには、答えのとっ かかりすらつかめません。逆に現代の道具から縄文式土器まで遡ってみようと すれば、工場見学で製造過程を知り、製造技術を知り、その技術が生まれる前 段階の技術を知り、という具合に手がかりが掴める可能性が高いのではないで しょうか。題は忘れましたがビートたけしさんが近代日本の原点は日露戦争に ありと書いた歴史本を出していましたが、これがなかなか興味深く読めました。 現代との絡みで明治時代を読み解く手法で説得力があったからです。今がこう あるのは一昔前がこうであったからで、一昔前がこうであったのは二昔前がこ うであったからだ。このように歴史は現代から過去に遡って勉強する方がわか りやすいです。 日本はなぜ不況なのか?それはバブル経済が崩壊したから。 なぜバブルがおこったのか?土地や株が過去に例が無いくらい高くなったから。 こんな感じで時代を遡っていくと、高度成長を知り、戦後の復興を知り、自然 と戦時中の歴史が頭に入ってきます。戦後日本の復興を知り、自分達が平和な 時代で生活できていることを知り、あたりまえだと思っていたことが先人達の 苦しみと努力と社会奉仕の精神によってもたらされた奇跡だと知ることになる でしょう。1945年8月15日は現代の奇跡がスタートした日だと知ること になるでしょう。--

宝石・貴金属 しこう和歌山店(担当:下津世輝)
〒640-8029 和歌山県和歌山市南桶屋町16
TEL/FAX 0734-23-1727 火曜定休
http://www.cypress.ne.jp/shikou/
週刊メールマガジン「あぁ〜宝石屋さん」大好評!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/m-mag.htm


ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ