トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




ヴィルス Virus----1999年 7月 14日

真珠(あこや)貝のウイルス研究はまだまだ未解決の部分がありますが、お魚のヴィルスに有効なワクチンの話を紹介させていただきます。

この分野では有名な近畿大学水産研究所・和歌山串本が接種データーを公開してます。このワクチンはイリドヴィルスに有効です。
イリドウイルス : 90年頃から、西日本を中心にマダイやブリなど養殖魚に拡がり、死亡率?が50−70%と高く、それに対抗して、ワクチン開発が進んでいる。「注射器でワクチン0.1ml を投与すると、累積死亡率が未接種群の68.5% に対して、19.2%と低かった」と報じられています。

近畿大学水産研究所では、マダイの稚魚に、この「六月初めにも36,000匹に接種したが結果は良好で、この稚魚を愛媛県の二カ所の養殖業者に出荷した」という事です。
この接種はすべて手作業で行われますから、現在管理している真鯛の稚魚が60万匹・・・すごい作業だわ それにワクチン費用が1匹30円からと聞いてますから これまたすごいですねぇ

本来は、稚魚の栄養強化や、飼育環境の適正化などの側面から、イリドに耐えうる種苗をつくるのが望ましいのでしょうが 現在のところワクチンが一番有効でしょう。

 

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ