トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




いよいよ明日 ----1999年 6月 11日


 【日程】1999年6月12日(土) 13:30〜16:00   
   【会場】志摩郡阿児町の阿児アリーナ(ベイホール)
 *環境アンケートご協力の方に純せっけんをプレゼント致します。
13:30〜14:15 基調講演・・・・・鳥羽水族館館長 中村幸昭氏
14:15〜15:15 パネルディスカッション
15:15〜16:00 グループディスカッション
--------------------------------------------------------------------

【環境シンポジウム趣意書】

「21世紀は環境の時代」と言われるほど、地球規模での環境への取り組みが急がれています。私たち志摩地域も例外ではありません。 生活排水や浮遊するゴミ、そして堆積したヘドロ等は確実に英虞湾や的矢湾を汚染し、様々な 悪影響をもたらしています。 それらは地場産業の真珠養殖・カキ養殖・のり養殖にも大きな被害をもたらすだけでなく景気 そして人体にまでも悪影響をあたえています。
また、最近はダイオキシンや環境ホルモンが クローズアップされ、ゴミの焼却問題や埋立地の問題もマスコミを賑わさない日はありません。 こういった「水質汚染」、「土壌汚染」、「大気汚染」、これらはすべて独立して存在するものではなくそれぞれが関連し合って循環することで地球環境のバランスを崩しています。 だから今、私たちは一人一人ができるところから環境保全に取り組まなくてはなりません。
このシンポジウムのキーワードは、アクション(行動)とネットワークです。 環境問題に取り組みたいけれどどこから取り組めばよいかわからない人にその活動のヒントを与えたり、すでにボランティアやNPOとして活動している人と仲間になって取り組んだり、 個々に活動してる個人や団体とネットワークをつくり、情報を交換しあい、今後の活動のプラス にすることができればと考えています。

 

 

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ