トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




コンビニ戦争、和歌山に ----1999年 2月 8日


僕が住んでいる和歌山市の本町という商店街のはずれは、南海電鉄和歌山市駅から徒歩約10分。寂れ行く商店街そのまま、昨12月末で近所のD百貨店和歌山店が閉店してしまい、地元の老舗、M百貨店が孤軍奮闘しております。
そんな本町に、最近、大手コンビニFが相次いで2店舗も出店してきました。近所には関西ではおなじみのR、中堅Y、弱小Nといった先住者がひしめき、少ないお客様の奪い合いは目に見えているのにも関わらずですから、相当自信があるのか。
元々和歌山は平均個人貯蓄残高が全国でもトップクラスを誇る地域で、本町通りは金融機関が乱立しています。わずか500mあまりの通りに、銀行、証券会社各10社くらいずつひしめいているのです。今回コンビニFが建った道向かいに、20×10mくらいの角地があります。ここに1986年だったか、大手N証券が仮店舗を作りました。しばらくして近くに和歌山支店ビルがどーんと建つと、今度はN証券系列のK証券の仮店舗になりました。K証券和歌山支店ビルもできると仮店舗は壊されて、今は駐車場になっています。昨夏以降はカレー事件取材陣の車で連日満車でしたが。倒産したY証券、S証券ビルは、いまだに空き家、これらが本町「金融」通りを襲ったバブルの跡です。
そこへ進出してきたコンビニF、奇しくも、バブル時代の拡大でできた赤字の穴埋めのために親会社から身売りされた会社、いわばバブル被害者なのです。親会社の社長辞任で揺れるコンビニRとの競争は、どちらに軍配が上がるか?(近日オープンするコンビニFのアルバイト面接には、長蛇の列ができていました。)--

宝石・貴金属 しこう和歌山店(担当:下津世輝)
〒640-8029 和歌山県和歌山市南桶屋町16
TEL/FAX 0734-23-1727 火曜定休
http://www.cypress.ne.jp/shikou/
週刊メールマガジン「あぁ〜宝石屋さん」大好評!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/m-mag.htm

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ