トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




テレビに出たプロの一言 ----1999年 2月 1日

その1 大阪のたこ焼チェーン「たこ八」の社長
「愛の貧乏脱出大作戦」、脱サラ後、たこ焼屋を営むおじさんが「たこ八」の社長に教えを請うケースが登場。決められた期間内に、たこ焼技術を会得せねばならないのですが、なかなかうまく行かず、ついに最終日、修了試験に不合格。このまま終われないおじさんに、社長は追試験を続けます。続けること数時間、ついに社長の「合格!」 の声。「本当に、ありがとうございました」思わず感極まって涙を浮かべたおじさんに、社長の一言。
「嬉しいか?わしは、いっこも嬉しないで。店開けて売れんかったら意味ないんやから」。結果がすべての商売道、社長の言葉はプロの厳しさそのものなのだ。

その2 夜逃げ屋本舗
中村雅俊社長率いるライジングサンは、借金返済に行き詰まった個人にアドバイスするコンサルタント会社、しかし、その裏の顔は夜逃げのプロ。サラ金の回収担当千堂あきほらの追跡をかいくぐり、必ず夜逃げを成功させます。不安を口にする債務者にお決まりの一言「大丈夫です、プロですから」。
夜逃げの世話までするのが、プロの個人コンサルタントなのだ!?

その3 プロゴルファー猿
ちょっと古いけれど、藤子不二雄さんのアニメです。猿は手作りの木製ドライーバー1本で、あらゆる難コースを制するプロゴルファー。今回のコースは、前方に深い森、左には険しい岩肌が迫り、右には果てしない海。森の向こうのホールめがけて、猿の左に向けた第一打は、岩肌に跳ね返り、森をかわして、驚異のホールインワン。それを見たギャラリーは「岩に当たったボールが、偶然ホールを捕らえたんだ」。それに対する猿の一言「いや、偶然なんかじゃない。練習の結果だ」。猿が指差した岩肌には、無数のボールの跡がくっきりと残っていた。
プロは一夜にしてならず、才能だけではないのだ。

--
宝石・貴金属 しこう和歌山店(担当:下津世輝)
〒640-8029 和歌山県和歌山市南桶屋町16
TEL/FAX 0734-23-1727 火曜定休
http://www.cypress.ne.jp/shikou/
週刊メールマガジン「あぁ〜宝石屋さん」大好評!
http://www.cypress.ne.jp/shikou/m-mag.htm

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ