トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




上京物語 その3 ----1998年10月 22日

通行止め解除後の高速は みんなで「よぉ〜い ドン!」のミニサーキットになってました。 おいおい又突っ込むぞ。

順調に横浜インターを通過し 重々しく取り出したる携帯電話「おっちゃん!こんな時間にどこに電話するねん?」「うへへぇ〜内緒内緒♪〜」
プルプルゥゥ・・・ガチャ「まいどぉ〜Pだんな!ですぅ−」電話のベル1回で出てきたよ(後で聞いたらその日PAPAさんは寝ていませんでした)
「今、何処?」「川崎インター」「それじゃ左に曲がって ××の標識で電話頂戴 ガチャ」無茶苦茶話しが早いわ(笑)
「おい もみちゃん ××の標識が出てくるそうや 見といてんか」「えっ?××ですか どれくらいの距離で出てきますの」
「いや 知らん」 「・・・・・・・・・・・・・・・・・」 しばらく道なりに走って
「あれとちゃうか?」「ほんまや ××が出てきたわ 本当やったんや」こいつなに言うてんねん 人の言葉を信用してなかったな! まぁおいらも半分信用してなかったけどね(笑)
またまた携帯を取り出して「出てきたよぉ−」「そうかそうか 次は○○を右 ガチャ」
「次は○○を右だ」「・・・・・・・・・・・・・・・・・」(チャンと聞けよと言いたいんやろ  よう解る でもこんな会話になってしまうんや なぜか知らんけど)
右だぁ〜左だぁ〜と言っているうちに 雨も小降りとなって 目的地のPAPAさんのお宅に到着です。(どうも玄関先までお迎えに来て頂いて恐縮です) しかし今思い出すとあの細い道を間違えずに良くたどり着いたものだ。 再度行っても絶対に間違えそうです。
玄関でママさんのにこやかな笑顔に迎えられて(洗顔中にゴメンなさいね)信ちゃんと久しぶりの対面を果しました。
さあ セレモニーは終わりだ「めし・めし!」
志緒里ママの温かいお言葉「パンとごはん どちらにする」 2人揃って「ごはん!」
今朝のメニューは「おでん」それもたっぷり(笑) おいら少食だけど パパともみちゃんは「てんこ盛り」なおかつお替わりしてました(おいおい朝からどんぶりめし2杯 それも山盛りだぞ)  これだけ食べたら良く育つはずだよ
食後の珈琲をいただき、パソコンの話しに花が咲き、データーベースの話しになった時にはPAPAの言葉が子守り歌に聞こえてきた。 隣りを見ると「もみちゃん」はその巨体をソファーベッドに惜し気もなくさらけ出して 自分の世界に入り込んでます(おまえ 夢を見るのはかまわんけど 寝ながら笑うなよ 不気味だぞ)
えっ!おいらですか?半分睡眠状態だけど 膝の上には元気な元内君(1歳)が居る&ベッド(もみちゃんに占領されて場所)がないため半分強制覚醒 なんと言ってもパソコンや新しいソフトの貴重な話しを聞ける機会なのですから  ・・・と言いつつ元内を追いかける振りをしてとなりのお部屋へ
「ブーン ガォーン」ベビーベッドの隣りでミニチュアカーで遊んでいたのが最後 その後の記憶が途切れてます(笑)
元内はどうしたのかなぁ? そういや なんかおいらの頭の上で飛び跳ねていたような・・・・・・・・・・

どうする?まだ続ける
ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ