トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




中小企業金融安定化特別補償制度 ----1998年10月 8日


昨日 14:00に大阪市役所7階 経済局金融課に出向き手続きをする。 かかった時間から言うと市役所を出たのが19:35 当然裏口から帰宅です。
7階に上がったら廊下までずら〜と 人の波。 受付で貰った番号札は461番 でも二時間程で後に100人くらい並ぶ。  みんな不安そうに寡黙でイライラしている

暇だから役所内を散歩しましたが、広い事務所を凄く非効率的 に使ってますね
皆さん新しい机の上に書類を積み重ね 足元にはバインダーの山。 ノートパソコン一つあれば ほとんどの書類が整理できるのに どうやら導入したパソコンはどこかに仕舞ってあるようです。一番奥の部課長の机にパソコンが置いてあるとそこの部署は割と皆活用してるようですが、そうじゃないと・・・・・・ホンマにどこにもない
ここ7階は、机5台に一台の割合でデスクトップが置いてありましたが どうやら何かあった時用(国や上層部への提出書類?)に入力をしているようです。
普段使いをしてこそ データー管理の意義があるのに・・・ 先日覗いてきた警察署の方が 格段に使いこなしてるように思えました。

えっ!結果ですか?
「書類を纏めて出直してこい」ですって(^^;ゞ)
いやいや不備はなかったのですが 国が想定している貸し渋りの実態と私が直面している現実とに少しギャップがあるんですね
ですから お役人に解る書類ならびに文章を書いて来いとの事ですわ
(当然脚色を入れて下さいとの指示がでました)
明日もう一度 並びますわ ふぅ〜

インターネットでデーターを送付申請できるようにならないかなぁ〜

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ