トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




マイティーホエール ----1998年 9月 11日


度会郡南勢町相賀浦の五ケ所湾の湾口沖1.5kmに鯨の形をした船が出現しました。名前は「マイティーホエール」。
このマイティホエールは、全長50m、全幅30m、全高12m。クジラ型の外観で、顔のイラストが描かれている。正面にある縦6メートル、横8メートルの三つの口から波を取り込み、海水が上下して発生する空気流で、3台のタービンを回し電気をおこす仕組みで、最大で合計110kw発電できる。 ほかにも気象や海象、係留力などを計測する機能を持つ。
操作は約3キロ離れた同町相賀浦の陸上計測本部から無線で行われ、各種データは随時、同計測本部を通し、神奈川県横須賀市の科学技術庁海洋科学技術センターに電話回線で送られる。
海洋科学技術センターは、昭和52年から波を利用したエネルギー開発の研究を進めてきた。マイティホエールは、同センターが平成元年から研究、開発を続け、約12億3,000万円をかけて完成した。今後は、平成11年度末まで実験を続け、発電量や係留の安全性などのデータを集めて、実用化に向けて調査する。
真珠養殖業者にとっても、発生する空気圧を海底に送り込み海域浄化に利用するなど、消波特性を生かした技術の開発など期待できそうです。

今年は鯨(神奈川県)に夢を託す年かな(笑)
きっとそうだよね! 志緒里長屋のご隠居さん(横浜市在住) しんちゃん 来年はこのクジラを見に行こうね



観光船に乗らなくても、五ヶ所湾を周航する巡航船で見れますよ。
ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ