トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




蒼く澄んだ池 ----1998年 8月 4日


静岡県小笠町・丹野池
http://www.ryu2.com/tannnoike.htm

この池は茶園が延々と続く牧ノ原台地の西側の斜面を下った 所にあります。東名高速道路の菊川インターから車で10分 ぐらいの所にあります。
周囲約1.3キロの丹野池はコバルトブルーの凄く透き通った池です。
ただ、生物と見なされるものはまったく見当たりません。 魚はもちろん「藻」も「プランクトンも」存在しない為、異常に水の透明度が増しています。
この池の「コバルトブルー」の原因は強酸性化で土壌が壊れ、土中のアルミニウムが水中に溶け出し、このアル ミの粒子が青い色だけを反射するための現象です。  池を強酸性化させた原因は周辺の茶畑に施された多量の窒素肥料。窒素が変化し、硝酸態窒素となり、地下水に溶け出し池を変えました。

生き物(微生物)の誕生は一酸化炭素、窒素などに適当なエネルギーが加わりアミノ酸ができる。これが水に溶けて有機物になる。さらに有機物固体の反応により高分子のタンパク質や核酸が生まれ生物の誕生へと繋がる。
生物が住むことが出来ない池  何とも人間は凄いことをしてしまう。
ここの井戸水は当然飲めない


ryu2、masaさんの情報
ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ