トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




イブ・サンローラン ----1998年 7月22日


フランス映画のカトリーヌ・ドヌーブが好きでした。
スクリーンの向こうから 蒼い大きな目で見つめられて 15・6歳のハナタレ小僧はくらくらしていました。
ジョセフ・ケッセルの小説を映画化した「昼顔」。
昼は娼婦宿に通い、夜は貞淑な妻という二重生活を送る美貌の人妻の肉体のサガと心に巣くう矛盾を描いた なんともまぁ ガキに見せてはいけません(笑)
すごく憧れました。「貴女の満たされぬ思いをぼくが癒してあげよう〜♪・・・・・・あほ!」

カトリーヌ・ドヌーブといえば「終電車」の衣装が好きです。 いつもそうだけどシンプルな色 たとえば黒一色(喪服)が似合う女(ひと)です。 そして今回、ドヌーブが長く着続けた服 イヴ・サンローランが創作活動40周年を迎えました。

イヴ・サンローランの世界
http://www.elle.co.jp/ellemag/fashion/ysl/index.html

【おまけ】ドヌーブの服といえばマダム トラントの服も良く似合いますね。

若い・・・・・・・・・       うひゃ〜まともに見たら魂を吸い取られる(笑)
ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ