トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




ジャガイモ ----1998年6月8日


梅雨に入ったとたんに良い天気が続きますね (^-^;
昨日の日曜日は久しぶりに太陽の下に出ました。 毎日毎日モニターの前ばかり座っているから 顧問税理士の先生が気を遣って下さって「家に芋掘りにおいで」と誘ってくれました。
いやぁ〜ものの30分で音を上げましたがな ほんまだんな!の体力は「ヘロヘロ」ですわ
税理士先生の畑は町の老人会館の隣りにある50坪程度の土地でしょうか。 ジャガイモ・キャベツ・キュウリ・ いちご・スイカ・かぼちゃ、そして秋に収穫予定のさつまいもなどなど やさいの花を見ているだけで楽しいです。
そんな中 みごとに土の中から出てくるジャガイモを見て思ったのですが、種芋はどうするか?です。 普通ジャガイモは芽が出ない様に放射照射されていますので作柄が悪いと聞きました。 やはり先生の所も種の確保が苦労するとの事です。
(芋を半分に切ったやつを土の中に埋めるだけで10個も20個も大きな芋が出来るのだろう? やはり自然って偉大だなぁ)

無農薬の野菜と言ったところで 種(たね)が農薬漬されているものが多い事をご存知ですか
土の中からからミミズは出てくるはクモはいる 毛虫まで居てた、当たり前の光景ですが、 テレビで見る最先端の農業は清潔そうな? 環境の中ツヤツヤと照りのあるおまけに虫食いのない作物が生産されてます。
食べたらどちらが美味いか解るのだけどもねぇ 食えねぇやつが多いなぁ
土の中から体長30cmほどのミミズが出ました。うちの娘は「わぁ〜すごーい」と感動してます。 そのうち百貨店でカブトムシのように販売される日が近いのでしょうか(笑)



97年8月28日のひとりごと 遺伝子組み換え食品について

指輪    手の色が変ですなぁ カメラのせいですよ。私の腕が悪いのと違います(笑)

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ