トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




海女 ----1998年5月11日


私にはつらいとき「ニコッ」と微笑んでくれる叔母がいました。
叔母は今年69歳になる現役の海女です。
女性としては少し大柄ですが 真っ黒な顔に笑顔の素敵な人でした。

今月4日 もう何十年も潜り続けてきたいつもの海でクモ膜下出血をおこし意識を無くしました。 たまたま隣で潜っていた同僚が気がつき引き上げましたが その後一度も意識が戻る事なく9日に永眠いたしました。

私がまだ小さいころ 海に遊びに行くと
「たつおかぁ〜 ほや これ食え うまいんどぉ〜」と獲れたてのあわびをくれたりしましたね
「海で遊ぶんやったら 気ぃーつけて遊ぶんやどぉ」いつもニッコリと微笑んでくれましたね。
それまで恐かった海が少し好きになったのは叔母のおかげですね。

10年ほど前でしょうか その年の潜水用ウエットスーツに初めて袖を通す場面に遭遇しましたが とても小さく叔母の体には合ってないと意見をしました。
「あんなれ 3日も海におったら体がちじんでくんどぉ〜 そやからこんでええんや」本当に信じられませんでしたが  小さなゴムは叔母の体にピタリと張り付き豊満な体の線を惜しみなく強調しながら磯着になりました。

黒の磯着
叔母の家に遊びに行くと 玄関先の物干し竿に疲れたようにぐったりと掛けてある黒の磯着。
家の中を覗くといつも横になっている叔母。
ふと目を覚まし「おっ なんどぉ 来たんかぁ〜 これ食え」いつも何か甘いお菓子があり くれましたね。
すごくハードな仕事ですね 陸に上がったら甘いものを食べないと体が冷える事を知りました。

済洲島 
若いとき(終戦後)出稼ぎで韓国 済洲島の海に潜りに行った話をしてくれましたね   話をしながら少し辛そうでしたね。

海の中の井戸
志摩の海に神ノ島と呼ばれる岩礁があります陸からは見えません 相当遠いです(10キロほど沖合いでしょうか)
その海の真ん中で潜ったとき井戸があったと聞きました。
「あれは絶対人間が作ったもんや 昔はこことつながっとたんやど」
どんな物を見たのでしょうか。
何年も前に聞いた話ですが 妙に憶えています。


いろいろな 話をありがとう 感謝してます。
わたしはあなたと共に海が好きです。




叔父はいま太平洋を叔母のもとへと帰航中です。
ベトナムの近海にいた為 急ぎ帰国しても後数日必要との事。
通夜は叔父の到着を待って13日に行われます。
ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ