トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




200年後のために・・・ ----1998年4月20日


伊勢神宮は20年に一度社を建て替えます(神様のお引越しですな) それを式年遷宮と言います
その時に必要な桧(ヒノキ)を確保するために毎年植樹祭を執り行います
17日の雨の日 伊勢市の神路山の神宮林(広さ2,500ヘクタール)で神宮神職ら約150人の手により 今年も執り行われました
昭和25年より毎年行われているこの行事は将来の遷宮で支障が出ないように考えてのことですが 今回の苗木が実際に用いられるようになるには200年はかかります

「海の色も山の姿も、昨日につづく今日である」
7・8代後(200年後)の人々も伊勢・志摩の海を見て「きれいだなぁ〜」と言ってくれるでしょう


バロックパールが沢山入荷しました 13ミリ〜19ミリ 約200個

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ