トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




真珠の価格 ----1998年3月 18日

「品質がいいものは高いし、品質の劣るものも高い」
ちょっと不思議ですが、これが今の真珠相場なんです

普通は、品質の悪い物は安いというのがセオリーなんですが
今年は母貝の異常斃死や稚貝の減少で生産量は最悪の出来です

高品質で高いもの→不景気でゼニがないから、売れません
   (良いものだし、数が少ないから高い でも少し弱気)

普通の品質のもの→斃死で、超品薄。
        
低品質で安いもの→高いものが売れないから、需要が集中する。
        →ところがこちらも品不足
        →値段が高騰する

という悪循環に陥ってしまっています
だから、真ん中のない「圧縮相場」なんです
でも、裏を返せば「上と下の幅が狭い」ということなんです
あとちょっとお金を出せば品質のいいものが手に入るということなんです

高く品質の悪いものを買わされ 後で後悔するくらいなら
ちょっぴりお金を出して良いものを揃えたほうが結局オトクというのが今の状況です
あと 真珠を買って気になるのはちゃんとアフターケアをしてくれるお店かどうかです
良い品質の真珠はきちんと手入れをすれば うんと長く使えるものですから
この点にも注意をしたいですね



*今売られている全ての安い真珠=悪いということではありません
ちょっと高めの品質の良いものを、無理して安く提供してくれているお店もありますし 入札で安いけど、品質の良い お宝的な商品を探して仕入れてくれている真珠屋さんもいます。 本文は「最近の傾向」だと思って頂ければ幸いです



ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ