トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




子供たちのはじめてのパソコン ----1998年2月19日


私の娘「まどか」に「小学校の3年生になったらパソコンを教えてあげる」と宣言してます が! あれ〜 まだローマ字を習ってなかったかな? そうなんですよ キーボードの打ち方の問題が出てきたのですわ  どないしたら良いのやろか そんな時 尊敬する神田さんのメールニュース「関西インターネットプレス」で 「インターネット時代の学校教育。現状と課題」の情報をいただいたので ちょっと勉強してきますわ 何やら 神田さんの居る幕張メッセと大阪のNTTデータ堂島ビル2FをTV会議システムでリアルタイムに結ぶようですね 僕が興味を持ったのは「小学生がE-mailを駆使して、しかも英語も大学生のアシストを受けながら、時分たちで国際交流しています。」との所です ぼくもEメールでは未だに英語を使ったやり取りをした事がないのです いつも日本語ばかりをガチャガチャやっているだけです 子供たちがどんな事を英語で話し合っているのか興味津々ですわ


セッション1 
キーノートセッション 10:00〜11:00
「Macintoshおよびインターネットを活用したUSとUKの最先端の教育事例と、 理想の教育像」 講演 スティーブ・ウォズニアック
セッション2 
「日本の教育事例 紹介1 − 玉川学園小学部」 11:15〜12:00
カリフォルニア州サンノゼ市 ザ・ハーカースクールのインターネットを 利用した「地球環境問題」に関する共同研究と、共同研究を通じて培った 両校の交流を紹介する 。

セッション3 
「日本の教育事例 紹介2 − メディアキッズは今」13:00〜14:55
「まっちゃんに会いたい!」〜地域交流〜
   横浜市立大口台小学校教諭 佐藤幸江
  横浜市立中川西小学校 児童代表
「新発見!ぼくたちのまち」〜地域とくらし〜
  和歌山大学教育学部附属小学校教諭 今田 実  ほか
「ボトルメールde 雪まつり」
  神奈川大学附属中高等学校教諭 小林道夫
司会:横浜市教育委員会情報教育課 中川一史

セッション4  
パネルディスカッション 15:05〜17:00
「あと5年!すべての学校がインターネットにつながる日
 :学校・教師・子どもたちは…?」
文部大臣が2003年に全学校にインターネットを接続する方針を明らかに した。教育(授業)にインターネットはほんとうに役立つのか? 異なる立場で教育現場に関わるパネラーが会場の参加者とともに討論します。

コーディネータ:茨城大学人文学部コミュニケーション学科講師 山内祐平
パネラー:国際大学グローバル・コミュニケーション・センター 新谷 隆
      神奈川県教育委員会情報教育課 中川一史
      横浜市立本町小学校教諭 出口和生

【シアター場所】
大阪市北区堂島3-1-21 NTTデータ堂島ビル2F
(JR福島駅もしくは地下鉄四ツ橋線西梅田駅から徒歩8〜10分)

【入場料金】
事前登録されれば無料となります。
【視聴方法】
シアター形式(幕張でのライブが中継されます!)
【申し込み方法】
以下の問い合わせ先に電話もしくはFAX,メールにて参加希望の連絡を!。
e-mail:hayama@yano-el.co.jp
ヤノ電器株式会社 C&E事業部
TEL:078-993-0009
FAX:078-993-0050



ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ