トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




羊角湾 ----1997年7月5日


羊角湾干拓事業、国営事業の廃止を提言

 熊本県の天草下島・羊角湾で、工事が23年間中断している国営干拓事業について、県羊角湾地域振興検討委員会は4日、国営事業の廃止を求める中間報告を取りまとめた。入植者が見込めないことなどを理由に「必要性が少ない」とした。今年度中に最終報告を福島譲二知事に提言するが、内容に変更はないとされる。農水省は「地元の意向を尊重する」としており、中間報告で事実上、事業廃止が確定する。

 国営の大型公共工事の着工後の廃止は極めて異例。長崎県での諫早湾干拓事業など、農業情勢の変化の中でも継続されている干拓事業の是非が問われる中で、地元側からその意義を否定されたといえる。今後は別の形での地域振興策に切り替えられる可能性が強い。

国営羊角湾干拓は、農業開発と離島振興を目標に、羊角湾を堤防で閉め切って淡水湖(約240ヘクタール)と約140ヘクタールの干拓地を造る事業。1968年に着手し、堤防の基礎工事と二つの排水門を建設した。漁業補償のもつれなどで74年度から工事が中断。95年度からは3年間の休止期間を置き、地元自治体代表、有識者らからなる検討委で協議してきた。これまで投入された事業費は約110億円に上る。

半歩前進!



ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ