トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




洗剤 ----1997年6月26日


先日 ティシュペーパーの箱がすごく小さくなっていたのでびっくりしました
そういえば 洗剤なんかも とてもコンパクトになっていて
昔を知る者(そんなに年寄りと違いますよ)には考え深いものがあります
若い方々は知らないと思いますが 少し前までの食器洗い洗剤等には
「幼児のシャボン玉遊びには使用しないでください」と画かれていました
えっ!今も書いてあるの。 そぅ〜なんだ!

私の知っている洗剤は 強烈で台所の洗い場でゴキブリを見つけたならば
容器を握ってぴゅっ とかけたものです
そうすると ゴキブリはたちまちおとなしくなり そのまま5分ぐらいで昇天したものでした

そうなんです そんなに毒性の強いもので口に最も近い食器を洗っていたのです
どこの家でも 泡がたちゃ汚れが落ちるとばかりに
ナイロンスポンジにピュッ!ピュッ! とかけて泡まみれになっていました
野菜(レタス)を食べる直前に洗剤をかけて洗っている妹にはさすがに注意しましたが
当時はコマーシャルなどでそれが当然のように まかり通っていたのですね
(生野菜はちゃんと洗剤で洗いましょう・・・ て!)

農薬は身体に悪いんだぞぅ 自然が一番だっ〜 天然物はすごくおいしい
と言われて 土の付いた野菜を高濃度の洗剤で洗い
そのままじゃ あかんと言われ 充分すすいで下さいと 水をたくさん使う
それじゃ最初から水だけで きれいになるのではないでしょうか

指に一滴洗剤をつけ 油の中にポトリと落とすと
ぱーっと油膜が広がるコマーシャルがありますが 見ているぶんには楽しいのですが
そんなに凄い洗剤を 自分の口に近い食器に使用して欲しくないですね

海・川の汚染は台所からの排水が主な原因です
今一度 ご自宅の洗剤を手に取り 裏側の注意書きをお読み下さい。



ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ