「Randy Newman」----2002年 6月 12日

30年前のテープが話題になっている。
1972年4月25日 当時のニクソン大統領とキッシンジャー大統領補佐官の電話録音テープだ。
当時のベトナム戦争の硬直状態を打破する為に核爆弾を使用を考える大統領に対して必死の思い出使用を止めさせる映画の一場面を思い起こすやり取りだ。
30年経った現在、ブッシュ大統領の動きが気になる。
この件について、園田義明氏が鋭い意見と共にランディ・ニューマン の歌を紹介してくれた。
ランディ・ニューマンは今年の(2002年)アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞した(作品「モンスターズ・インク」)
人気シンガーソングライターであるが、今からちょうど30年前に「ポリティカル・サイエンス」を残している。
アメリカの正義と強固な意志、そして多民族による悩みとバランス。
イラクなどの国家を「ならず者」 と言い切る大統領の国。
ランディ・ニューマンなど常識ある国民に支えられている国だと信じたい。

■Political Science by Randy Newman
No one likes us-I don't know why
We may not be perfect, but heaven knows we try
But all around, even our old friends put us down
Let's drop the big one and see what happens

We give them money-but are they grateful?
No, they're spiteful and they're hateful
They don't respect us-so let's surprise them
We'll drop the big one and pulverize them

Asia's crowded and Europe's too old
Africa is far too hot
And Canada's too cold
And South America stole our name
Let's drop the big one
There'll be no one left to blame us

We'll save Australia
Don't wanna hurt no kangaroo
We'll build an All American amusement park there
They got surfin', too

Boom goes London and boom Paree
More room for you and more room for me
And every city the whole world round
Will just be another American town
Oh, how peaceful it will be
We'll set everybody free
You'll wear a Japanese kimono
And there'll be Italian shoes for me

They all hate us anyhow
So let's drop the big one now
Let's drop the big one now

誰も僕らをよく思っていない 
僕らはその理由がわからない
僕らは完璧ではないかもしれないが 
僕らが努力していることを神様は知っている
でも古い友達までもみんな僕らをやりこめる
でかいのを一発落としてやろう  どうなるか見てやろう

僕らは彼らにお金をあげたのに  ありがたく思うどころか
彼らは悪意を持っている 
そして彼らは憎しみに満ちている
彼らは僕らを敬わない 
それなら彼らをびっくりさせてやろう
でかいのを一発落として 
こっぱみじんにしてやろう

アジアは人で溢れている 
ヨーロッパはあまりにも古くさい
アフリカは熱すぎる 
カナダは寒すぎる
南アメリカは勝手に僕らの名前を語っている
でかいのを一発落としてやろうか
僕らに文句を言うやつらを黙らせてやる

オーストラリアは救ってやろう
カンガルーを傷つけたくない
僕らはそこにオール・アメリカン・アミューズメント・パークを建ててやろう
サーフィンだってできるように

ブームはロンドンに上陸しパリに広がる
あなた達にも僕らにもまだまだ余裕がある
世界中のすべての都市が もうひとつのアメリカの街になるだろう
なんて幸せなことだろう
僕らはすべての人を解放してやろう
あなた達は日本のキモノを着るだろう
僕にはイタリア製の靴がある

とにかく彼らはみんな僕らを嫌っている
だから今  でかいのを一発落としてやろうか
今 でかいのを一発落としてやろう




ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の記へ