トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール
発送、決済方法◆ ◆IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です




「デジタルで活躍しない人々#34 
        歌手・タレント 辺見マリさん」


----2001年 2月 3日




関西テレビで放送中の『2時ドキッ!』、みなさんご覧になられて
いますか?(関西テレビ系列 月〜金曜 午後2:05〜3:30)
ボクが担当している木曜日は、このお正月から新しく生まれ変わり、
さらに面白い内容になっています。実はここまで来るまでに、いろ
いろと大きな問題があったのですが…

まあ、暗い話は置いておいて、(テレビの業界もいろいろあるんで
す(^_^;))、番組作りの中で生まれた、新しい出会いについてお伝
えしましょう。ということで今回は、辺見マリさんについてのお話。

◎ダイエットのプロ

『2時ドキッ!木曜』の現在のメインコーナーは、有名女性タレント
さん方がこれまで取り組んでこられたダイエットのエピソードを伺
いながら、美しさの秘密を伝授していただくコーナー。昨日2月1日
放送分では、歌手でありタレントでもある辺見マリさんをお招きし
ました。
今では辺見エミリさんのお母さんとしての方が通りがいいかも知れ
ませんが、彼女自身も50歳とは思えないくらいお美しい方です。
それが10年ほど前まで、70キロを越える「オバチャン体型」だった
と言います。芸能界復帰にあたり、20キロのダイエットを敢行した
そうですが、その道のりはとても険しいものでした。その経から、
芸能活動と平行して、ダイエット教室まで開いていたそうです。
いわば、ダイエットのプロ、先生。そのお話は実に興味深いもので
した。

◎「真剣になりすぎる自分がイヤ!」

最初の打合せで辺見さんにお会いしたとき、まず第一声はこんな言
葉でした。「ダイエットのこととなると、ちょっと宗教じみたくら
い真剣になってしまうんで、ホントは話したくないんですよ」
ボクを含めたスタッフ側は大あわて。なんとか言いくるめて?、登
場していただくこと、ダイエットのお話をしていただくことを了解
していただきました。
第一声をなんとか乗り越えた後は凄かった!あらゆることを試した
後に行き着いた「究極で人生最後のダイエット」とおっしゃるだけ
あって、内容的にも理論的にも非常に納得のいくものでした。
辺見さんのダイエット話をしてしまえば、もうウチの番組でやるこ
となくなるんじゃないか…。そんな声がスタッフから挙がるほどで
した。

◎テレビ屋のバランス感覚とお手軽感覚

とはいえ、辺見さんが提唱するダイエットはあまりにも究極すぎま
した。中でも、一番最初に行う『脳のダイエット』(つまり、食欲
をいかにコントロールするか、脳に覚え込ませるプログラム)はえ
げつないものです。
米50粒ほどを2合のお水で炊く「おかゆ」を3食3日間続けるという
のです。カロリーは150Kcalほど。これではあまりにも健康に悪い、
テレビではおおっぴらにオススメできない。
この辺りがテレビ屋のバランス感覚です。不偏不党・中立立場。そ
れがテレビの金科玉条なのです。
そこで、もう少しお米の量を増やした「おかゆ」を、視聴者に勧め
ることにしたのです。スタッフも『普通のおかゆで3日間』を試し、
2キロのダイエットに成功しました。ところがこれが失敗だったの
です。
昨日の打合せの時、このことを伝えると辺見さんの顔色が変わりま
した。「私も、そして私が教えた生徒たちも、最後のダイエットと
して、命がけで取り組んだもの。それを中途半端にお伝えするのは
納得がいかない!」
辺見さんは涙目でした。最初の第一声の通り、自らのダイエットプ
ログラムにある自信と信念で反対したのです。
ボクは、先ほども書いた「テレビのバランス」を盾に説得したので
すが、辺見さんが怒ったのは違う部分にありました。それはテレビ
屋の「お手軽感覚」でした。

◎その思いがテレビで伝わる!?

「バランス感覚の話は分かる。でもスタッフの方は、お手軽にダイ
エットしようと試しただけでしょ?」
確かにその通りでした。辺見さんのダイエットプログラムの中から、
"美味しい"部分を、ちょっとだけ試してみる…そんな気持ちが我々
側にありました。そこを辺見さんは嗅ぎ分け腹を立てたのだと思い
ます。
真剣に反論され、ボクは謝るしかなかった3分間が過ぎ、辺見さん
は普段の素敵なタレントの顔に戻りました。
そして本番。納得のいかない部分もいくつかあったはずですが、笑
顔でやんわりと否定するだけで、楽しく、でも出来るだけ分かりや
すく、ご自分のダイエットメニューをご紹介下さいました。
笑顔の奥に隠された、真剣な思い。それが視聴者に伝わったので
しょうか、番組中から辺見さんのプログラムをもっと詳しく知りた
いという要望が、視聴者情報センターに寄せられました。
そこで急遽、番組のホームページで詳しくお伝えすることを決定し、
ボクがそのページを作ることになったのです。

本日、そのページを作りました。来週の月曜日にはアクセスできる
ようになっているはずです。
辺見さんの思いが詰まったプログラムを皆さんもご覧下さい。

●今回の情報リンク
・『2時ドキッ!』ホームページ
 http://www.ktv.co.jp/nijidoki/

●本日のひとこと(第29回)
『2時ドキッ!』のスタッフ、今めっちゃオモロイです。だからと
いって番組がオモロイかは、みなさんで判断して下さい!

【プロフィール】
齊藤恭信/さいとう わに  放送作家 フリーランス
1965年生まれ。“ハガキ職人”としてラジオを中心に投稿していたことから
放送制作の仕事を始める。現在ではten6/d'Boxを拠点に、テレビはもちろん、
雑誌からインターネットまでメディアにこだわらず活動中。
過去〜現在の担当番組:「寛平のにんげんマップ」(NHK)「大顔面テレビ」
(TVO)「晴れるヤ夢街道・浪花雪乃丞一座」(YTV) 「浜村淳のさてみなさん」
「2時ドキッ!」(KTV)などなど

現在、関西のメディア人の情報交換基地「Kansai MediArchive」を設立し、
会員を募集中。またインターネット上で活躍するタレントをプロデュースする
「iMAK」を進行中。タレントや協賛企業も募っている。
(いずれも問合せ先は:mailto:swani@kmap.net )

Copyright(C)2000 Yasunobu Saitoh/さいとうわにmailto:swani@kmap.net 
この文書はGNU一般公有使用許諾の条項に従って再頒布または変更することが
できます。当文書は有用だとは思いますが、頒布に当たってはいかなる保証も
行いません。詳しくは
GNU一般公有使用許諾書(ただし日本語版)をお読み下さい。

ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ