トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法
IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です




FLAVOURS ----2000年11月22日

     
毎週水曜日は 【週刊フレイバーズ】からの情報をお届けします。
堅すぎない、女性のためのニュースを!

 
 ┏…┫今週のトピックス┣…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…┓
 ┃
 ┃
 ┃  「お気に入りのバッグを探す」特集
 ┃  
 ┃   人は結構、バッグで判断されている?
 ┃  ブランドものをひとつ、そしてオリジナルバッグをひとつ。
 ┃  味のあるヌメ皮バッグの愉しみ方 

 □■……フレイバーズ・今週のコンテンツ …… http://www.flavours.ac/

 ◇カルチャーセンター
    「2000クリスマスは、どう過ごす?」

 ◇トレンド取材
  「懐かしいのに、新しい。京の町屋が複合ショップに」繭(まゆ)取材
 

┏…┳…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…┓
┃◇┃トピックス :「お気に入りのバッグを探す」
┗…┻…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…┛

街でおしゃれな人を見かけたとき、結構チェックしたくなるのがバッグと
靴。この二つがステキだと、「さすが!」って感じになる。そこで今回は、
バッグについて考えてみた。


◇人は結構、バッグで判断されている?
男女に関わらず、ステキな人はやっぱりステキなバッグを持っている。
「ステキな」というのは、単にブランドものとか高価なという意味ではな
く、その人のイメージにセンス良くマッチしていて、より個性を引き出し
ているような存在のこと。

考えてみると、誰かを思い出す時に、その人のバッグも一緒に浮かんでく
ることってない?(単に私がバッグ"フェチ"なだけだろうか?)とにかく、
バッグ選びは大切ってことなのだ。

◇ブランドものをひとつ、そしてオリジナルバッグをひとつ。
ヴィトンやフェンディも確かにいい。マドンナは店の棚ごとバゲットを買
って行ったそうだが、全く羨ましい限り。でも一般庶民の私たちが、ラン
チ代も節約してプラダを買い集めても、どれだけの意味があるのだろうか。

それならば、こういうのはどう?「これなら負けない!」と言えるような、
お気に入りブランドものをひとつ。仕事などデイリーには、人が持ってい
ないような個性的なものをひとつ。一人の女性にも複数の魅力があるよう
に、バッグにも多面性がほしい。ブランドものにしか興味がない女性より、
自分のオリジナリティをちゃんと持ってる方が断然ステキに違いない。



 ━ フレイバーズのおすすめ!━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏…┳…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…┓
┃◇┃トピックス : 味のあるヌメ皮バッグの愉しみ方
┗…┻…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…=…┛

映画に出てきそうな、味のある使い込んだバッグ。まるで、「一緒に人生
を歩んできました」って顔してるバッグってなんだか格好いい。例えば、
ヌメ皮のバッグ。最初は肌色でゴワゴワしているのに、使い込んでいくう
ちに褐色の柔らかな肌触りに変わっていく。いい感じに作り込んでいくの
には、それなりのケアやコツがある。
南米、パラグアイの独特の模様を施したヌメ皮バッグを輸入・販売されて
いる「グロポック」さんに、そのコツを聞いてみた。

やはり革製品の大敵は水分。特にヌメ革製品は雨などで濡れてしまうと、
必ずシミになってしまうので、できるだけ水分にさらさないようにするこ
とだが、もし濡れてしまったら、できるだけ早く乾燥させてあげましょう。
もちろん、日常的なメンテナンス方法としては乾いた布でこまめに汚れを
取り、風通しの良い場所で保管することだそうだ。

パラグアイでは、ヌメ革を人工的に褐色にするのに、ライムを皮に塗るの
だそうだ。これは先ほどの雨に濡れてしまったときにシミになってしまっ
た部分をメンテするのにも使う手法。ただ、ヌメ革素材のバッグの手入れ
は日常的なこと以外には特別にしない方がいい、ともグロポックさんは教
えてくれた。それは、ヌメ革製品が時間の経過とともに自然に変色してい
くことを楽しむものであり、そのヒトの時間の積み重ねを自分で確認しな
がら、風合いのある褐色に育ててこそ価値のある、永く愉しむアイテムだ
からだと。


お店紹介:グロポック(GLOPOC)

日本のちょうど反対側にある南米の国、パラグアイ。自国の文化を大切に、
手作りで良質なバッグや工芸品を販売するグロポックさんには、ちょっと
エスニックで個性的なバッグが揃っている。パラグライのマジメな職人さ
んたちが、ひとつひとつ丹精込めて手作りした製品は、品質の割に値段も
良心的なのが嬉しい。

(お問い合せ先)
  有限会社グロポック
 http://www.glopoc.co.jp/shop/frame_shop.html
 〒738-0001 広島県廿日市市佐方1093-1 平林AP.D-102
 TEL (0829) 32-4021


┗…=…=…=…=…=…=…=…=…=…┫今週の編集後記  ┣=…┓

2〜3年前に、写真日記をつけていた時期があった。毎日、または何か出来
事があった時に、なんでも気になったものを24枚撮りフィルムで撮る。そ
れをカメラ屋さんに持って行って、ベタ焼きで一枚モノに焼いてもらう。
すると、A4サイズくらいの印画紙に小さな一コマ日記が並んだ形になる。
もちろん、写真のセンスなどないけれど、たくさん小さくまとめてみると、
それなりに味があって、当時の思い出とか空気が蘇ってきてなかなか良い
のだ。ちょっとコメントも加えたりして、出来上がり。しばらく経ってか
ら、眺めてみると楽しいのでオススメです。


ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の記へ