トップページ最初にお読み下さい簡単連絡イージーメール発送、決済方法
IPPIN!のお店はこちらでですリンクページただいま募集中です
 




植草甚一 ----2000年 5月 11日

Pだんな!がほれ込んだ作家の中に「J.J」こと「植草甚一」が居る。
作家との分類は妥当ではないかも知れないが、Pだんな!は大作家だと思っている。
ジャズが好きで、散歩が好きで、映画が大好き!
いつも帽子をかぶって微笑んでいる、そんな彼がペンを握るとその文体から言葉が踊り出てくる。
特にNYの裏道の話などが好きだったなぁ〜
横丁の料理屋のスープが美味しいとか、古本屋で本を買い占めたらアパート2部屋占領しちゃったとか・・・・とにかく自分で動いて確かめて文章にしていた、だから彼の言葉は真心があった。

そんな植草甚一を元宝島の 高平哲郎がインタヴューで各界の著名人に聞いてる。
「植草甚一の時代」 「サブ・カルチュアー至上主義の時代」の副題で!
http://www.shobunsha.co.jp/html/uekusa/

久しぶりにジャズを聞きたい気分だ



ホームに戻る
「ひとりごと」の扉へ
 次の日記へ