ホーム > パールネックレスの修理・糸替え > 真珠のお手入れについてのQ&A > 真珠ネックレスの夏場の装着について

真珠ネックレスの夏場の装着について

夏はどうしても汗をかいてしまいますが夏にパールをつけるとテリなど無くなりますか?

真珠は言われるような弱い宝石でもないのです。
真珠の表面は炭酸カルシウムと真珠コンキオリンというタンパク質で出来た結晶が積み重なり、
それらが一枚一枚が重なり合った年輪のような物質です。
つまり薄い鎧を沢山着ているようなものだとお考え下さい。
然しながら、酸に弱いのも確かです。
使ったら、仕舞う前に乾いた布で拭いてください。
汗が付いたままにしておくと痛みます。
個人的には、薄着の夏にこそ装って欲しいジュエリーです。

パールは汗に弱いといいますがという事は夏には御法度なんですか?

そんなことはありません。
真珠は太陽の光を受けて光輝くものですから、強い日差しの下ではより美しく見えます。
汗の成分に弱いのは確かですが、通常の方はご使用後に乾いた布で拭いて頂くだけで長持ちします。
少し輝きが劣ったかなと思ったらパール・リフレッシュクロスを使えば、輝きは回復します。

ただ・・・今までに数回前例があるのですが、汗の成分が他の方と違うのか、
すぐに真珠が痛んでしまうという方がいらっしゃいます。
本当にこれは個人差で原因は不明です。

お手入れセット

おすすめ商品
真珠のお手入れセット
1,300円
Copyright(c) IWAKI PEARLS Inc. All Rights reserved. Produced by ITY co., ltd.