ホーム > パールネックレスの修理・糸替え > 真珠のお手入れについてのQ&A > 真珠のお手入れ方法

真珠のお手入れ方法

茨城県 中山さん他多数

生物から誕生する宝石「真珠」にとって お手入れは何よりも大切なことです。
その手入れの中でも、もっとも大切なことは「拭く」ということです。
着用後拭いてから仕舞うことは勿論ですが、
極端に言えば少しでも手が触れたら、拭いておくぐらいの気持ちが必要です。

では、なぜ「拭く」ということがこれほど大切なのでしょうか。

私たちが 真珠を身につけた場合、自分の汗やあぶらが付着します。
私たちの汗や手のあぶらなど皮膚分泌液は水分と油分からできており酸性を帯びております。
これが真珠の表面に付着しますと、真珠表面のカルシウム膜を溶かしはじめます。
目には見えない分子レベルの溶解ですが、
これを何回も何回も繰返されたとしたら、
きれいな真珠表面が小さな凸凹となり光沢が少しずつ失われ曇りだします。
透明なガラスが曇りガラスに変わって行く原理ですね。
真珠の命は光沢にありますから、その光沢を少しでも損なわないためには
付着した水分・油分をすぐ拭い取るということが大切です。
使ったら拭く習慣を身につけましょう。

真珠を拭くものはやわらかい紙や布ならほとんどのものが適しています。
できる事なら吸水性と吸油性を兼ね備えてものが望ましい。
ですから市販のシリコンクロスよりはガーゼのきれいなハンカチの方が適しています。
(シリコンクロスの特徴は揮発性です。水をはじく性質です。真珠表面の水を吸い上げずにはじきます。)
しかしガーゼのハンカチは汚れが取れますが、
常に新しいハンカチを数多く用意しないと今後は汚れを塗り広めてしまうことになります。

現在、お手入れクロスで最高のものといえば
真珠科学研究所から出ているパール・クリーニングクロスRです。

真珠の手入れは簡単「使ったら拭く」。
岩城真珠では、お手入れ用品を販売しております。

パールクリーニングクロス
超極細繊維による高密度微細構造を持っているため、毛細管現象で水を吸い上げます。
その吸水性は驚くほどの高さ。
しかもポリエステルとナイロンを50%ずつミックスした繊維を使用していますので、もともと親油性を持っています。
リフレッシュ・クロス
真珠のボケはその構造上、乱れた真珠層を一層剥いて取り除き、
新しい真珠層をだしてやらなければ、絶対にもとのような光沢には戻りません。
真珠が汗や化粧品などで侵され光沢を失った場合、その原因は表層部のカルシウムの乱れによるもので、
その範囲はせいぜい数ミクロン単位の深さにとどまるのが大半です。
リフレッシュ・クロスはその研磨・つやだし効果でこの表層部のミクロの乱れを直し、元の光沢を取り戻させる効果があります。

>> 真珠のお手入れ用品「お手入れセット」のページはこちらから

Copyright(c) IWAKI PEARLS Inc. All Rights reserved. Produced by ITY co., ltd.