Record-Setting Natural Saltwater Pearl to Auction

PR58540

LAMBERTVILLE, N.J., Nov. 6, 2014 /PRN=KYODO JBN/ –

–Prior Record Holder Sold for Over $1.3 Million Dollars

On December 7, 2014, Rago Auctions will auction the largest near-round
natural saltwater pearl discovered to date.

Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20141105/156784

About the Putilov Pearl Brooch

GIA Pearl Identification Report #2165503254 describes the Putilov pearl as
a drilled natural saltwater pearl of the Pinctada species of oyster measuring
19.08 x 18.88 x 16.50mm. with no indication of treatment; near-round; white
body color; orient overtone. The pearl is full-drilled with nacreous plugs, one
now detached.

The 19th century oval brooch onto which the pearl is set measures 2″ x 1
5/8″. It is framed by 16 near colorless old mine cut diamonds, approximately 28
carats total weight, in cutback collets, and by numerous smaller rose cut
diamonds set in silver topped gold. Detachable pin findings orient either
horizontally or vertically. The frame bears the unrecognized scratched marks
KAM and N677. It weighs 19.7 pennyweights.

History of the Putilov Pearl Brooch/Origin of the Name

Alexei Putilov, a Russian financier and industrialist, brought the brooch
from Russia to Paris in the spring of 1918. Putilov had been a powerful man in
Russia prior to the Revolution. His family founded the Putilov Metal Works
Company. He resumed his banking career in Paris under a Gallicized name.

The consignor is the great grandchild of Putilov.

The Prior Record Holder

The near-round natural saltwater pearl that was the largest on record, and
now holds the title of second largest, sold at the British auction house of
Woolley & Wallis on May 1st, 2014 for GBP811,000 (US $1,368,075). The lab report,
from SSEF, Switzerland, states that the pearl measures 17.44 x 16.51mm.; weighs
33.147cts. (132.59 grains); is roundish; half-drilled; white; and a natural
saltwater pearl.

The product of this pearl’s longest and shortest diameter is 287.93 mm.
squared.

The product of the Putilov Pearl’s longest and shortest diameter is 314.82
mm. squared – approx. 8% larger than that of the pearl which sold at Woolley
and Wallis.

A Prize for Serious Bidders

Rago is asking a $100,000 hold from any party interested in bidding. For
more information, to set an appointment or sign up to bid, please contact Sarah
Churgin at +1.609.397.9374 or sarah@ragoarts.com.

Catalogue online at http://ragoarts.com as of November 17, 2014.

SOURCE: Rago Arts & Auction House




天然海水真珠の競売で記録更新へ

AsiaNet 58540(1237)

【ランバートビル(米ニュージャージー州)2014年11月6日PRN=共同通信JBN】
*従来の最高記録は130万ドル強

2014年12月7日、Rago Auctionsはこれまで発見された中で最も大きい、ほぼ球形の天然海水真珠を競売にかける。
Rago Auctions Broch
Photo – http://photos.prnewswire.com/prnh/20141105/156784

▽プチーロフ・パールブローチ(Putilov Pearl Brooch)について
GIA真珠鑑定報告#2165503254によると、プチーロフ・パールは、大きさ19.08×18.88×16.50ミリの未処理アコヤガイから採取したほぼ球形でボディーカラーが白い東洋調の天然海水真珠である。パールは真珠光沢のプラグが貫通、それは現在外されている。

この真珠を据えた19世紀のオーバルブローチは2×1 5/8インチある。ほぼ無色のオールドマインカット・ダイヤモンド16個、計約28カラットがカットバック・コレットを縁取り、数多くの小粒ローズカット・ダイヤがシルバートップのゴールドに据えられている。着脱できる付属のピンは上下左右に動かせる。フレームには「KAM」「N677」と読めるかき傷がある。重さは19.7ペニーウェート(約30グラム)。

▽プチーロフ・パールブローチの歴史、名前の由来
このブローチはロシアの金融業者で経営者のアレクセイ・プチーノフ氏が1918年春、パリからロシアに持ち込んだ。プチーロフ氏は革命前ロシアの有力者だった。一族はプチーロフ金属加工会社を創設、彼はパリでフランス風の名前を使い、金融業に復帰した。

競売を委託したのはプチーロフ氏のひ孫である。

▽従来の記録
これまで最大のニアラウンド天然海水真珠は、いまや2番目に大きいものになったが、2014年5月1日、英Woolley & Wallis社の競売により81万1000ポンド(136万8075米ドル)で落札した。スイス宝石学会(SSEF)の報告は、このパールが17.44 ×16.51ミリのサイズで、重量は33.147カラット(132.59グレーン)、丸みを帯びて穴が半分開き、白色の天然海水真珠、としている。

このパール製品は最長・最短直径287.93ミリの角型。

プチーロフ・パール製品は最長・最短直径314.82ミリの角型で、Woolley and Wallisで売れたものより約8%大きい。

▽本気の入札者にご褒美
Ragoは入札に関心ある者に10万ドルの預託金を要求している。詳しい情報、入札の予約や登録はSarah Churgin(+1.609.397.9374、sarah@ragoarts.com)へ。

カタログは2014年11月17日以降、オンラインでhttp://ragoarts.com から入手できる。

ソース:Rago Arts & Auction House