真珠の広告120年

 鳥羽市のミキモト真珠島で、企画展「真珠の広告120年~広告・パンフレット・カタログに見る時代相」が開かれている。来年4月5日まで。宝飾品販売大手「ミキモト」の創業者・御木本幸吉が真珠養殖に成功してから約120年の歴史を、広告資料約80点と関連する宝飾品12点の展示を通して紹介している。

 企画展では、1900年頃に国内の英字紙「ジャパンタイムス」に掲載した広告からウェブ広告まで時代の流行を取り入れた広告に加え、カタログ商品を復刻したペンダントや、71年当時に「100万円の品が1万円で借りられる」と反響を呼んだティアラ(冠)などを展示している。

 また、パリで活躍した画家・藤田嗣治の夫人が所蔵していた「3連の首飾り」も特別展示している。

 御木本は創業当初から活字の宣伝力に着目し、新聞広告などを通して真珠の魅力を消費者に訴えてきたという。同島では「幸吉は、お客様と最初に接する広告に力を入れた。当時の広告から時代の移り変わりを見てほしい」としている。

真珠の広告

期 間 : 2014年4月26日~2015年4月5日

場 所 : 御木本真珠島 真珠博物館1階 企画展示室

1893年に誕生した養殖真珠。その魅力を伝えるため、御木本幸吉はさまざまなメディアを活用しました。なかでも新聞などに掲載された広告や販売促進用の印刷物は、真珠および宝飾品の美しさを具体的に伝えており、デザイン上も高く評価されています。
そして戦後、人々の暮らしが豊かになり、真珠の装身具に関心が集ると、真珠の美しさの訴求だけでなく、装身具のある生活を提案する手法を用いて、様々な試みが行われました。
この企画展では明治から平成にいたる数々の広告物を通じて、ミキモトが培ってきた美意識を再確認し、宝飾文化普及に果たした役割を考えます。

 入場料は大人1500円、小中学生750円。問い合わせは、ミキモト真珠島(0599・25・2028)。