真珠養殖の先駆者

三重県志摩市にある、大石博久さん宅の蔵の横に50数年前のあこや貝の貝殻が眠っている。

大石博久さん宅


大石さんのお父さんが真珠養殖をされていた頃、ハートの真珠にチャレンジしていたと語ってくれた。
結果としては成功しなかったというが、先人たちの強い想いが見える。

akoya03_n

真珠は丸いものであるとの固定観念が強い時代に、ハートの真珠を生み出したいとの夢を、叶えは出来なかったかもしれないが持ち続けた先輩が確かにいた。

手法はマベ真珠の生産と同じ手法。
蝋石(ろうせき)をハート型に彫刻してアコヤ貝の内側に貼り付ける。
貝が持つ本能、貝殻形成力(貝殻を作ろうとする本能)を利用して蝋石の表面に真珠層を形成させていく。

これ以外に「えびす大黒」の顔の真珠を作っており、三個成功した。
そのうちのひとつは大石さんが所蔵し、あとの二つは海を渡って英連邦宝石学協会鉱物博物館とフランス宝石学協会に寄贈したという。

「えびす大黒も同じ様に蝋石をえびすの顔に彫刻して入れるのですがエクボやホクロ、コブが自然と出来て一つ一つ顔が変わっていきます。ユニークですよ。」と、大石さんは言う。

アイデアマンであった、親父さんたちは、核をお茶葉に浸けて核に茶渋を着けてブルーパールを作ったり色々なことにチャレンジしていたんだ。
素晴らしい先輩たちに敬意を表すると共に、我々が本物の真珠の良さをもっとアピールする努力をしなければと強く思います。

akoya01_n



写真等の資料を頂戴しました。
ありがとうございます。 
株式会社 BIG STONE 代表取締役 大石 博久 氏
http://www.lemongrass-spa.jp