アーカイブ 6月, 2013

真珠復活に手応え 滋賀・草津の内湖で養殖実験

金曜日, 6月 21st, 2013

 淡水真珠の復活に取り組む滋賀県草津市志那町の住民らが、地元の平湖・柳平湖で昨年8月から始めた養殖実験で、真珠の育ち具合を確認するため20日、試験的に母貝から真珠を取り出した。

BiwaPearls02

 琵琶湖の内湖である平湖・柳平湖は淡水真珠養殖発祥の地とされ、ピーク時の1970年代初めには数十軒が養殖を手掛けていたが、水質の悪化や、安い海外産に押され衰退した。昨年、草津市と地元の志那町真珠養殖専門委員会などが復活を目指し、母貝400個を水中に沈め、養殖実験に着手した。同時に水質をモニタリングし、イケチョウガイが育ちやすい環境も調べている。

BiwaPearls

 この日は、平湖の北側に隣接する柳平湖に設置された養殖イカダから、大きなもので殻長約20センチに成長した母貝5個を引き揚げた。ナイフを入れ、身を取り出したところ、銀色をした直径5~7ミリの真珠の姿が見え、参加者から「おおっ」と声が上がった。出荷できるサイズになるには、あと2年は必要という。

 同専門委員会の藤田繁一委員長(67)は「真珠ができていることがまず確認できた。貝はよく育っているので、今後に期待したい」と話している。

京都新聞 2013/06/21

ミキモト:三重県に水質情報提供 環境変化に敏感な貝利用

火曜日, 6月 11th, 2013

真珠養殖・貴金属販売のミキモト(東京都中央区)は12日から、二枚貝の動きの解析で得た三重県・英虞(あご)湾での赤潮発生などの情報を同県水産研究所のホームページ(HP)に週1回提供する。「貝(かい)リンガル」と名付けた装置を駆使し、環境変化に敏感な貝の声なき声を拾う。これまで独自に収集してきた水質変化の情報を他の養殖業者に公開し、三重の真珠養殖の発展に寄与する考えだ。

 ミキモトによると、養殖真珠の母貝として知られるアコヤガイを使う。貝殻を開いて呼吸や栄養摂取をするが、赤潮を引き起こすプランクトンが増加すると開閉の回数が増える。貝殻にセンサー類を取り付けて動きを測定、このデータからプランクトン量を推定し、赤潮などの発生リスクを予測する仕組みだ。九州大(福岡市)などと共同開発し、同社は2004年から運用している。

001mikimoto

センサーが取り付けられたアコヤガイ


 24時間収集したデータをコンピューターに送り、異常発生時は養殖場にあるミキモトの研究所研究員に、貝からのメッセージとして「タスケテー」などという携帯メールが届く仕組みもある。

 英虞湾では毎年のように赤潮が発生しているが、海水を採取してのプランクトン特定には時間がかかっていた。アコヤガイの生体反応を利用したミキモトの赤潮情報提供で、他の真珠養殖業者も早期に異常を察知して貝を安全な場所へ移動させ、被害を未然に防ぐことが期待される。

 同社の担当者は情報提供を決めた理由について「日本を代表する特産物の真珠を世界に広げるため」と話している。

 同県鳥羽市出身で、真珠王と呼ばれた御木本(みきもと)幸吉(1858〜1954年)は真珠の養殖技術を確立した一人で、ミキモトの創業者。同県の養殖真珠は戦前、全国生産量の約9割を占めていた。だが90年代前半、赤潮でアコヤガイが大量死して以来、全国3位に甘んじている。【谷口拓未】

毎日新聞 2013年06月11日 14時23分(最終更新 06月11日 14時24分)

三重県水産研究所 http://www.mpstpc.pref.mie.lg.jp/sui/



米宝石ブランドRichline、淡水真珠老舗HONORAを買収

火曜日, 6月 4th, 2013

2013年6月1日-宝石ブランドRichline Group, Inc.(以下、Richline Group)は、真珠ブランドHONORAを買収した。

HONORAは、家族所有・運営60年以上。米国初の淡水養殖真珠のブランドで知られている。
社長Ralph Rossini氏と最高経営責任者(CEO)Joel Schechter氏は、Richlineブランド部門内の独立ブランドとして会社を経営する。

http://www.honora.com/
Honora



Richline Group Acquires Honora
By Daniel Ford, Web Editor
Posted on May 31, 2013

Richline Group has agreed in principle to acquire the Honora brand.

The transaction is expected to be completed in July. Honora has been a family-owned and operated business for more than 60 years.

“A key goal of this acquisition is the utilization of our financial support and collaboration to fully champion Honora, as a brand, for domestic and international growth,” said Dave Meleski, Richline Group’s president, in a statement. “Honora expands our product assortment, positioning us as a [dominant] player in the pearl jewelry category.”

Honora CEO Joel Schechter and President Ralph Rossini will continue to run the company as a standalone brand within the Richline Brands division of Berkshire Hathaway Co.

“We are tremendously excited about our future as a member of the Richline Group, and look forward to leveraging their tremendous strengths as we continue growing the Honora brand to consumers,” Schechter said in a statement.


Richline Group