アーカイブ 5月, 2013

愛媛県産真珠7年連続1位 12年度生産額

水曜日, 5月 22nd, 2013

 愛媛県産真珠の2012年度生産額(共販実績)は前年度比14.6%増の40億1571万円で2年続けて増え、7年連続全国一だったことが21日、県漁業協同組合連合会と全国真珠養殖漁業協同組合連合会のまとめで分かった。生産量は10.3%増の7149キロと8年連続で全国一。1匁(もんめ=3.75グラム)当たりの平均単価も2107円で3.9%増えた。
 12年度の入札会は12月中旬から2月下旬まで開かれた。真珠養殖業者でつくる県真珠養殖漁業協同組合協議会の坂本猪明会長は「12月に政権が交代して円安が進む中、輸出産業でもある真珠業界で加工業者の購買意欲が高まり単価も上がったのだろう」と分析した。
20130522
2013年05月22日(水)愛媛新聞ONLINE





「パール祭」13年ぶり復活 

水曜日, 5月 22nd, 2013

 115社が加盟する日本真珠輸出組合(神戸市中央区)は、世界最大規模の真珠流通拠点「パール・シティー」である神戸をPRするイベントを13年ぶりに復活させる。外国産との競争や円高で厳しい情勢が続いていたが、ブランドの再構築や最近の円安が寄与し、輸出額は回復傾向に。追い風を生かして、発信力を高めるのが狙いだ。

 「パール祭」と銘打ち、真珠の日の6月1日と2日に神戸市中央区の日本真珠会館で開く。真珠のネックレスやティアラを身につけた写真撮影会や、真珠にちなんだ洋菓子の販売、アクセサリーの手作り体験などが行われる。初日が午前10時~午後7時、2日目が午前10時~午後5時。入場無料。

 神戸港がアジア有数の貿易港だったことや、六甲山に反射する太陽光が品質の識別に適していたことから、神戸では古くから真珠の加工、輸出などの産業が栄えた。

 同組合は、1981年から毎年「パールプリンセス」のコンテストなどを開催。しかしその後、円高やバブル崩壊に見舞われ、輸出額は85年の約850億円をピークに年々減少し、コンテストも2000年に終了した。

 同組合の内海芳宏専務理事は「環境保全の観点からも注目が集まる真珠。デザイン性を高めて、若者にも神戸が誇る真珠文化を知ってもらえれば」と話している。(神戸新聞NEXTより)

 イベントの問い合わせは同祭事務局TEL078・333・0905
 日本真珠輸出組合HP
 神戸パールミュージアム





熊本:天草で真珠の核入れ

日曜日, 5月 19th, 2013

[ 5/18 10:54 熊本県民テレビ]
http://news24.jp/nnn/movie/news8682100.html

天草市の羊角湾で特産の真珠の核入れ作業が行われている。
天草市河浦町の羊角湾は以前から真珠の養殖が盛んな場所。
この養殖場では去年2月に生まて直径約10センチの大きさに育ったアコヤガイに、真珠の核となる貝殻を丸く削った直径7ミリほどの白い玉と、真珠の層を作る2ミリ四方の大きさに切ったアコヤガイの外とう膜を専用の道具を使って手際よく入れていた。
核を入れたアコヤガイは来年の1月には真珠を取り出すことができる。
最近は白い色だけではなく金色の真珠も人気があるという。






往年の伊女優の真珠イヤリング、2億4000万円で落札 過去最高値

金曜日, 5月 17th, 2013

ジーナ・ロロブリジーダのニュースが飛び込んできたが、彼女の名前を見ると「わらの女」を思い出す。
ショーン・コネリーと共演の映画で、徹底的な悪女を演じ、その悪女を騙し罠にはめる役がショーン・コネリーだった。
そうか、ジーナ・ロロブリジーダはまだ元気なんだ。
少しうれしくなった。

ジーナ・ロロブリジーダ

AFP=時事 5月15日(水)19時37分配信
【5月15日 AFP】イタリアの往年の女優ジーナ・ロロブリジーダ(Gina Lollobrigida)さん(85)が所有する真珠のイヤリングが14日、スイス、ジュネーブ(Geneva)のサザビーズ(Sotheby’s)で競売に掛けられ、真珠のイヤリングとして過去最高値となる239万ドル(約2億4000万円)で落札された。

 予想落札価格の倍以上の値がつき、故エリザベス・テイラー(Elizabeth Taylor)さんの真珠のイヤリングが2011年につけた過去最高記録を更新した。

 1950年代から60年代にかけて人気を博した映画スターのロロブリジーダさんは、イタリアの高級宝飾ブランド、ブルガリ(Bulgari)が作ったコレクションを競売にかけた。売り上げの一部は幹細胞研究に寄付されるという。

 ロロブリジーダさんは、「私の宝石を売ることで、多くの疾患を治療することのできる幹細胞治療への関心が高まるなら、それは最高の使い方だと思う」と語った。

 サザビーズによると、コレクション全体の落札価格は総額500万ドル(約5億1000万円)近くに上ったという。

 映画『美女の中の美女(The World’s Most Beautiful Woman)』(1955)や『九月になれば(Come September)』(1961)などの出演で知られるロロブリジーダさんは今年3月、彫刻に身を捧げたいと述べ、「彫刻家に宝飾品は不要」と語っていた。(c)AFP