アーカイブ the ‘未分類’ Category

真珠記念日

火曜日, 7月 12th, 2016

「夏の月」という季語があります。暑い夏の夜空に光る白さに涼しさを感じる…という表現です。
7月11日は真珠記念日。「真珠」は、別名「月のしずく」とも呼ばれています。今日12日の夜に上弦となる月は、夏の星座で賑やかな夜空の中で、星々に照らされ、そのきらめきとともに丸みを帯びていきます。
1893年7月11日に、御木本幸吉(みきもとこうきち)・うめ夫妻が初めて真珠(半円真珠)の養殖に成功してから123年目を迎えた今宵、きらめく月に真珠を重ねて…。

天然真珠から養殖真珠へ…

天然の真珠は、万に一つの確率で生まれるため「海の宝石」と呼ばれていました。それゆえ「クレオパトラは酢に溶かした真珠を飲んで美を保っていた」etc…など、真珠はさまざまな逸話を残してきました。それは天然の真珠が希少価値を放っていた証であり、高貴なあるいは、地位のある人にしか手に入れられない貴重品であったことを物語ります。
もし、真珠が偶然の産物に頼ることなく、生産することができたら…今では当たり前の養殖産業は、「世界中の女性の首を真珠で飾って見せる」…と豪語した御木本幸吉により発展しました。

真珠に生涯を捧げた、幸吉とうめ

養殖場を始めてから3年目に、半円形ながら5粒の養殖真珠を収穫しました。この時、妻・うめは5人目の子供をみごもっていました。5粒の養殖真珠成功と5人の子供たち…どこか因縁めいたものを感じませんか?
その後、1905年に真円形の真珠の養殖に成功しました。が、うめはその成功を見ることなく5人の子供を残してこの世を去りました。そのことで幸吉の真珠への想いはさらに強くなったのかもしれません。これまでにも増して、真珠の普及に飛び回り「真珠王」と呼ばれるまでになりました。

明治・大正・昭和、そして今

今年のG7伊勢志摩サミットで、参加国首脳の胸元に真珠のブローチがきらめいていたのは記憶に新しいところですね。養殖の成功により、真珠は「ジャパンブランド」になりました。海外の反応も大きく、幸吉の公言通り、日本の真珠は世界中へ輸出され「世界中の女性の首を飾った」のです!
とはいえ、天然真珠より多く安く売ることができる養殖真珠は「ニセモノ」である、と海外でバッシングを受けたり、戦時中は生産や輸出が禁じられたりしました。そんなときも幸吉はくじけることなく、バッシングの誤解を丁寧に解き、装身具を生産できない時は真珠をカルシウム剤にするなど、工夫を凝らして時代を生き抜いてきたのです。

うどんに真珠…神の地ならでは?浄化の白

真珠記念日となった最初の養殖成功は、現在のミキモト真珠島、かつて相島(おじま)を呼ばれた浜でした。この島の中心には「球の宮」という神社があり、豊受姫大神(とようけひめのみこと)が祭られています。縁結び・長寿・繁栄のご利益をうけられるとか…。
現在、御木本幸吉記念館、パールプラザ、真珠博物館が「珠の宮」を囲むように建設されています。パールプラザでは、幸吉の生家の商いであったうどん屋「阿波幸」が再現されています。神の地・伊勢ならではの伊勢うどんです。
白は浄化の色…うどんと真珠がこの地の名産になったことにも何か意味がありそうですね。

参考
書籍 『真珠王ものがたり 世界の女性の首を真珠で締めた男。御木本幸吉』 伊勢志摩編集室
サイト 『ミキモト真珠島』
tenki.jpサプリ記事一覧より引用



第39回 全国真珠品評会

木曜日, 7月 7th, 2016

今年の全国真珠品評会、農林水産大臣賞は大分県の冨高真珠さん。
写真で見ても、素晴らしい8ミリ珠です。

m_award_02























農林水産省 ホームページ
http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1607/m_award.html




「パール祭」13年ぶり復活 

水曜日, 5月 22nd, 2013

 115社が加盟する日本真珠輸出組合(神戸市中央区)は、世界最大規模の真珠流通拠点「パール・シティー」である神戸をPRするイベントを13年ぶりに復活させる。外国産との競争や円高で厳しい情勢が続いていたが、ブランドの再構築や最近の円安が寄与し、輸出額は回復傾向に。追い風を生かして、発信力を高めるのが狙いだ。

 「パール祭」と銘打ち、真珠の日の6月1日と2日に神戸市中央区の日本真珠会館で開く。真珠のネックレスやティアラを身につけた写真撮影会や、真珠にちなんだ洋菓子の販売、アクセサリーの手作り体験などが行われる。初日が午前10時~午後7時、2日目が午前10時~午後5時。入場無料。

 神戸港がアジア有数の貿易港だったことや、六甲山に反射する太陽光が品質の識別に適していたことから、神戸では古くから真珠の加工、輸出などの産業が栄えた。

 同組合は、1981年から毎年「パールプリンセス」のコンテストなどを開催。しかしその後、円高やバブル崩壊に見舞われ、輸出額は85年の約850億円をピークに年々減少し、コンテストも2000年に終了した。

 同組合の内海芳宏専務理事は「環境保全の観点からも注目が集まる真珠。デザイン性を高めて、若者にも神戸が誇る真珠文化を知ってもらえれば」と話している。(神戸新聞NEXTより)

 イベントの問い合わせは同祭事務局TEL078・333・0905
 日本真珠輸出組合HP
 神戸パールミュージアム





第2 回日本ジュエリーデザインコンペンション

金曜日, 12月 16th, 2011

テーマ「元気」
心身の活動の源となる力、「元気」がテーマです。
単純明快な単語の裏に何を読み取ることができるか?東日本大震災後の、日本や世界のさまざまな不安を明るい方向へ導くためにジュエリーにおける「元気」とは、どのようなアイディアがあるのか?デザイン画とコンセプトで表現して下さい。
デザインの原点に立ち返り、多くの方々から自由で柔軟な発想を募集いたします。

応募内容  テーマ「元気」に沿ったジュエリーデザインを応募
応募資格  個人、グループ、法人を問わず。国内の応募に限る
選考基準  提案性、創造性があること。未発表のデザインであること。
応募締切  2012 年2 月16 日(木)
応募料   2,000 円(1 作品につき)
賞・賞金  グランプリ 1 名(副賞5 万円)
       準グランプリ3 名(副賞2 万円)
       クリエイティブ賞5 名(副賞1 万円)
       奨励賞   5名

応募用紙(詳細)http://www.jjda.or.jp/compe/2011/APPLI_JDC_11.pdf


27回ジュエリーアート展 公募
応募内容  未発表の装身具・貴金属・宝石からあらゆる素材の使用可
応募資格  個人、グループ、法人を問わず。国籍は問わず。
選考基準  創造性、独創性、提案性があること。素材技術が的確であること。
応募締切  2012 年2 月16 日(木)
応募料   一般部門 10,000 円
      under26  5,000 円
賞・賞金  大賞 1 名(副賞20 万円)
      優秀賞 2 名(副賞5 万円)
      Under26 1 名(副賞5 万円)
      審査員特別賞 2 名(副賞2 万円)
      奨励賞   10 名

2012年日本ジュエリーアート展 応募登録書 http://www.jjda.or.jp/compe/2011/APPLI_JA_11.pdf

真珠の「巻き」測定装置

木曜日, 10月 20th, 2011

 豊橋技術科学大(愛知県)と浜松市の検査機メーカー「浜松メトリックス」などは19日、真珠の品質計測装置を開発し、11月から販売すると発表した。鑑定士が2日かかる1万粒の選別を4時間で行うことができる。三重県によると、真珠の粒を傷つけずに「美しさ」を計測できる機器の実用化は世界初という。

 一般に真珠の美しさは、光沢を表す「照り」と、真珠層の厚さを示す「巻き」などで評価される。同大は、真珠に発光ダイオード(LED)の光を当てて反射や透過の状態を計測することで、照り・巻きの優劣を数値化することに成功した。

 計測装置は、1粒ずつ手動で測定するタイプ(80万円)と、自動で大量に測定できるタイプ(250万円)の2種類で、目標販売台数は計300台。養殖業者の仕分け作業や、宝飾店での品質保証などでの利用を想定しているほか、海外の鑑定士養成校からは既に注文を受けたという。

 浜松市内で19日、記者会見した浜松メトリックスの一藤克己社長は「測定の精度が認められ、真珠の品質を示す国際基準となることを期待する」と話し、三重県水産研究所の青木秀夫主幹研究員は「国産真珠の品質の高さを客観的に示すことができる。鑑定士の人手不足解消にもつながる」と述べた。
(2011年10月20日 読売新聞)


浜松メトリックス http://www.metrix.co.jp/
豊橋技術科学大  http://www.tut.ac.jp/

あこや貝の閉殻(へいかく)力測定

金曜日, 9月 30th, 2011

志摩市の県水産研究所は、真珠養殖で使うアコヤガイの自ら貝殻を閉める力(閉殻(へいかく)力)を、荷重計で測ることで優良な貝を選別する方法を開発し、特許を取得したと発表した。閉殻力が強いほど、死ぬ率が低く、良質の真珠を作る傾向にあることに着目し、同研究所は「近い将来、真珠養殖の現場で普及させ、生産性の向上を図りたい」と話している。(中村和男)

 養殖真珠の品質を高めるには、優良なアコヤガイを用いることが重要だが、貝の健康状態は外観だけで判別することが難しい。そのため、同研究所は三重大大学院生物資源学研究科県産業支援センターと共同で、閉殻力を測定することで効率的に養殖できる方法を探った。

 アコヤガイは夏場の高水温の時期に死ぬことが多いため、実験は夏季に1か月間実施した。閉じた貝殻を1センチこじ開ける力を約30秒間測定した結果、貝が死ぬ率は、1重量キロの閉殻力では80%だが、3重量キロでは21%、5重量キロでは4%と下がった。閉殻力の強弱は遺伝することが明らかになっており、閉殻力が弱い貝を育てるのをやめることで効率化が図れるほか、親貝の選抜手法としても有効としている。

 また、5、6月に真珠の核入れ手術を行う際は、同様に測定し、2~4重量キロの場合が、シミや傷の少ない高品質の真珠ができることも分かった。閉殻力が強過ぎると貝が破損するため、従来から核入れ前に貝の機能を低下させ、閉殻力を弱くするようにしてきたが、具体的な数値を使えるようになった。
(2011年9月29日 読売新聞)









電磁波と宝飾品(ダイヤモンド)

火曜日, 7月 19th, 2011

2011年3月11日14時46分に起こった、東日本大震災は東北各地で甚大な傷跡を残した。宮城県の要請により、みやぎ産業振興機構にビジネスプロデューサーとして、2000年から7年間通った経緯があり、知人友人の多い被災地の復興を誰よりも祈らずにはいられない。
さて、新聞などのメディアでは地震による津波被害の報道と共に原子力発電所の崩壊による放射能の記事が大半を占めるようになってきた。この放射線(放射能)と言うものは意外と身近に存在しているにも拘らず、正しい報道が為されているとは思えない。
今回は、この放射線と宝飾品(今回はダイヤモンド)との関わりを通して、身近な存在の放射線をご紹介します。

まず、放射能、放射線、放射性物質の違いですが、「放射線」は物質を透過する力を持った光線に似たもので、アルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線、中性子線などがあります。放射線は種類によって物を通り抜ける力が違いますが、それぞれ異なる物質で遮ることができます。放射線を出す能力を「放射能」といい、この能力をもった物質のことを「放射性物質」といいます。
このことを懐中電灯に例えると、懐中電灯が放射性物質、光が放射線、光を出す能力が放射能にあたります。
もっと、くだけた説明でしますと
 放射性物質:うんこ
 放射線:うんこの臭い
 放射能:うんこが臭いを出す能力
となります(笑)

放射線とは、広い意味では全ての電磁波および粒子線のことを指します。電磁波とは、光の速さで伝わる波で私達の周りには、あらゆる波長の電磁波が存在しています。
話をうんこに戻すと(笑)、普通にクサイうんこ(α 線)、強烈な臭いのうんこ(β 線)、涙が出るほど臭いうんこ(γ 線)、気絶する程危険で猛烈な臭いのうんこ(中性子線)があり、放射線にも色々あって注意しなければいけない放射線と普通の放射線があることが理解できると思います。
放射線の種類と透過力

では、宝飾品と電磁波はどのようか関係性があるかと言えば、光(色)も電磁波の一種で、可視領域:人間の目で見える波長のものを可視光線(かしこうせん)と呼びます。この可視光線の特性を利用し、ダイヤモンドに放射線を照射して色をつけます。

JIS Z8120の定義によれば、可視光線に相当する電磁波波長の下界/上界は、それぞれおおよそ360 nm~400 nm/760 nm~830 nmであり、可視光線より波長が短くなっても長くなっても、人間の目には見ることができなくなります。
可視光線より波長の短いものを紫外線、長いものを赤外線と呼び、赤外線と紫外線を指して、不可視光線(ふかしこうせん)と呼ぶ場合もあります。


   色    波長
 V  紫   380–450 nm
 B  青   450–495 nm
 G  緑   495–570 nm
 Y  黄   570–590 nm
 O  橙   590–620 nm
 R  赤   620–750 nm
* 1 nm = 0.001 µm = 0.000001 mm
 
純粋なダイヤモンド(炭素)の結晶は無色透明です。この炭素元素がホウ素や窒素といった原子と入れ替わったり、炭素原子の列の並びがズレたりと、ダイヤモンドの結晶内が不規則になったときに、イエロー・ブルー・ピンク・オレンジのダイヤモンドが出来上がります。
この特性を利用してダイヤモンドに放射線を照射し、カラーダイヤモンドを作り上げます。
まず、1904年にイギリスの科学者・物理学者のSir William Crookes(クルックス卿)がダイヤモンドに臭化ラジウムを使用し、緑色に変化することを発見しました。しかし直接、放射能を照射するためにダイヤモンドに強い放射能が残り危険です。
現代はウラン235やプルトニウム239に低速中性子をぶつけて核分裂を引き起こし、ガンマ(γ)線と共に中性子を発生させます。このとき中性子は透過力が強いためにダイヤモンド内部まで均一に着色することが可能になります。

照射を受けたダイヤモンドは、中性子の場合は「緑色」に、より強いエネルギーを受けると「濃緑」に変化します。
電子線の場合は「青色」に着色されます。
また、この照射を受けたダイヤモンドを加熱(600℃~800℃)すると、様々な色に変化します。
(加熱時間・ダイヤモンドの材質によって色相が変わります)
このように、カラーダイヤモンドはほとんどの場合、放射線の照射によって着色されていると考えて良いと言えます。


参照:可視光線Wikipediaより

愛媛大学南予水産研究センターの夢実験

水曜日, 6月 8th, 2011

あこや貝を母貝にして「黒蝶真珠」「マベ真珠」のピースを用い、「あこや黒真珠」や「あこやマベ真円真珠」の実証実験に成功したと愛媛大学が発表した。
黒蝶黒真珠 

東京新聞より引用 

 アコヤガイに別の貝の細胞片を移植し、一般的なアコヤ真珠より単価の高い黒真珠や球状のマベ真珠を養殖することに、愛媛大学南予水産研究センター(愛媛県愛南町)が成功した。同センターによると世界初の技術。
 三浦猛教授(48)は「応用すれば新種の真珠をつくることも可能。価格低迷が続く真珠養殖に活路を見いだすことができる」と話している。
 三浦教授によると、タヒチが主生産地のクロチョウガイからできる黒真珠は、アコヤ真珠の3倍ほどの値段がする。一方、カンボジアなどに生息するマベガイは、通常は半球の真珠しかつくれず、アコヤガイへの移植でできた球状のマベ真珠は希少価値が高いという。
 アコヤガイは、中に真珠の中心となる核と真珠層を分泌する細胞片を入れると、真珠層が核を球状に包んで真珠ができる。
 別種の細胞片を入れると免疫機能が働き拒絶反応を起こすが、事前に細胞を加工した液体を注射して反応を抑えることで、異種間で真珠を形成させることに成功した。
 愛媛県によると、県は養殖真珠の生産額が全国1位。県水産課は「クロチョウもマベも、ここ数年の温暖化で県南部の海でも自然増殖し始めた。海水温の上昇に対応した養殖技術の開発に活用できる」と期待を寄せる。
(共同)


愛媛大学 農学部 三浦猛教授の論文一覧
http://megalodon.jp/2011-0608-0920-10/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011060601000015.html


ミキモト博多真珠養殖場の浜揚げ

木曜日, 3月 3rd, 2011

ミキモトが三重県英虞湾に次ぐ国内2カ所目の養殖場として玄界灘の相ノ島(福岡県新宮町)に開設した真珠養殖場で今年1月上旬に収穫した真珠の報告があった。約7mm~9mmが中心で最大11.5mmに達する真珠もあったとの事。
今回浜揚げしたあこや貝は、稚貝採取から3年半から4年半。挿核から1年半から2年3ヶ月の養殖期間を経た約10万個の母貝から、約105,000個を収穫した。
品質的には表面の肌理が細かく、相当に良さそうな評判である。

株式会社ミキモト博多真珠養殖場は、福岡県水産海洋技術センターが2000年に母貝となるアコヤ貝を同島で発見。株式会社ミキモトと九州大学が共同研究し、純国産、無病のアコヤ貝による真珠生産にめどをつけ、福岡県、新宮町と立地協定を締結して、2007年に設立された会社である。
同島での浜揚げは今年で4回目。
岩城の私見ですが、今後の養殖産業を占う大切な拠点となることでしょう。


大きな地図で見る

パールネックレスのリフォーム例

月曜日, 2月 28th, 2011

長い間タンスに仕舞っていた真珠が真っ白に劣化してしまった例や、大切な方から頂いたネックレスをいざ着けようとしたら昔の面影が無い・・・・・。百貨店に持ち込んで断られた。
そんな方々から「何とかできませんか?」とのご依頼を最近頻繁に頂戴します。
私たちは修理が本業では無いので積極的にPRはしておりませんが、月に数十件のご依頼を頂くことも多々あります。ほとんどがネット検索と口コミでのご紹介からです。
料金の明記もしておりませんので、お問合せを頂戴してからご案内をしております。
今回は、実際にどのようにリフォームするのかを簡単にご紹介します。

ご紹介しますのは、2011年2月3日に岩城真珠に持ち込まれたフォーマルネックレスです。
ご本人がご結婚の際にお母様から贈られた真珠とのこと。長い間タンスに仕舞って置かれたようで保管ケースも湿って変色をしておりました。時々取り出しては使ってみようと思ったらしいのですが、白く粉を吹いたような状態に慄き、結局は蓋をしてタンスの奥に仕舞っていたとの事。今回は駄目もとでリフォームをお願いしたと伺いました。

【基本データ】(リフォーム前)
   あこや真珠フォーマルネックレス
   7.0ミリ~7.5ミリ
   53個  42cm
   ワイヤー仕上げ
   シリコンクッション使用(白色:弾力性はほとんど無し)
   クラスプ(留め金具) シルバーsv
   
【症状】
   保存時の湿気と酸化による真珠層表面変化
    重症 18個 (別途手当てが必要)
    中度 17個 
    軽度 18個
   クラスプ 表面全体に錆び現象
   ワイヤ留め 錆び

ネックレスの留め金具周辺(修復前);画像をクリックすると拡大します。


ネックレスの留め金具周辺(修復後)画像をクリックすると拡大します。

真珠を磨き修復しました。留め金具はワンタッチ式に交換。
ネックレス用のステンレスワイヤーはM0640Cに交換。このワイヤーは、7本の細いワイヤーを1本に撚って仕上げて0.4㎜の太さの径になります。糸のようにしなやかで且つ強度があります。
真珠と真珠の間に入れるシリコンクッションは白色から透明に変更しております。

サイドからセンター付近の真珠の状態(修復前)


サイドからセンター付近の真珠の状態(修復後)

重度の真珠18個がどの程度までダメージを受けているのかを探りながら、真珠層の表面を艶出し研磨。今回は真珠の質がかなり良かったので真珠リフレッシュクロスで一個一個丁寧に磨き上げると、輝きが戻りました。



出来上がり状態です。


【修理報告 後日談】
今回は元の真珠の質が上等だったので、かなりの確率で元の輝きが戻りました。
嬉しい事にご依頼のお客様から以下のようなメール(2月11日)を頂戴いたしました。


岩城真珠  岩城達夫様

無事にネックレスが届きました。
開けてみて本当に驚きました。
ここまでもどるとは思いませんでしたので本当に
感動しています。
母からの贈り物だったので早速見せに行きたいと
思います。
そして娘の小学卒業、中学入学に大活躍しそうです。
長い間の母への申し訳ないという気持ちが
スッキリしました。
本当にありがとうございました。
これからは大切に使っていこうと思います。



こちらこそ、真珠に輝きが戻って、もう一度美しい装いに華を添えて活躍できることを嬉しく思います。
お客様の笑顔が私達の励みになります。本当に今回は良かったです。
因みに今回のご請求金額は、
【対処】
   ワイヤー交換 (ステンレスワイヤーM0640C)
   ワイヤー留め部分交換  ATR(アタール)
   クラスプ交換 SV (棒プラグ)
   汚れ落とし;真珠の洗い・粗磨き・個別対処による磨きだし
   艶出し;乾燥・パールクリーニングクロス・鹿革磨き
   シリコン交換
【見積もり】
———————————————————————
商品名 : 7.0mm~7.5mm ワイヤー仕上げ
——————————————————-
基本作業料金 : 4,900円 
ワイヤー・留具 :  500円 
シリコン組み代 :  600円 
クラスプ代金  : 2,500円 
送料実費   :  980円
消費税    :  429円
——————————————————-
総合計    : 9,954円

尚、基本的な糸換えと簡単なメンテナンスは2,500円からです。
お近くに百貨店や真珠専門店が無く、本当にお困りの方はどうぞ気軽にお声掛け下さい。
   パールエステ専用フォーム

追伸;真珠以外のネックレス修理や糸換え、また加工を主としたご依頼はお断りすることが多いです。
私たちは真珠の事しか分かりません。
どうぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

岩城真珠  店主;岩城達夫